So-net無料ブログ作成
エステ
Media Player ブログトップ

WD TV Live レビュー [Media Player]

PAV-MP1 や LT-V100、 XBMCなどを経て、今回はWD TV Liveを使ったのでそのレビューを。
セットアップは簡単。
ファームウェアのアップデートも10分程度で完了。 
61AAGY-Np9L._AA1500_.jpg
 
Huluに対応しているメディアプレーヤーがほしく、Apple TVとの比較で、最終的にはWD TV Liveをチョイス。
 
Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: エレクトロニクス
 
Apple TVを選ばなかった理由としては、DVD ISOを再生できないこと。
それにつきます。
古いApple TVならXBMCを入れてDVD ISOを再生できますが、Huluが再生できないので、NG。 
 
スペック
  
サイズ
幅125×奥行き100×高さ30mm, 190g
 
インターフェース
SDPI, HDMI, USB2.0 x 2
 
サポートされているファイルフォーマット
Video - AVI (Xvid、AVC、MPEG1/2/4)、MPG/MPEG、VOB、MKV (h.264、x.264、AVC、MPEG1/2/4、VC-1)、TS/TP/M2T (MPEG1/2/4、AVC、VC-1)、MP4/MOV (MPEG4、h.264)、M2TS、WMV9、FLV (h.264)
Photo - JPEG、GIF、TIF/TIFF、BMP、PNG
Audio - MP3、WAV/PCM/LPCM、WMA、AAC、FLAC、MKA、AIF/AIFF、OGG、Dolby Digital、DTS
Playlist - PLS、M3U、WPL
Subtitle - SRT、ASS、SSA、SUB、SMI

 
WD TV Liveの良いところ
・対応しているファイルフォーマットの多さ、特にDVD ISO。BDMVには対応していない模様 
・Huluをはじめ多くのオンラインサービスに対応している
・無線LANに対応、もちろん有線LANも有り
・リモコンがプログラム可能
・HDMI CECでTVのリモコンから操作が可能
・実は、DTCP-IPにも対応しているため、他のDTCP-IPに対応したレコーダーで録画された番組の視聴が可能 
・iPhoneやAndroid対応のリモコンアプリがちょっと便利 
・Sling Playerに対応 
・かなりコンパクト 
・HFS+に対応 
・それなりに定期的にファームアップデートが提供されている
 
 
WD TV Liveの要改善なところ
無線LAN接続の場合、DVD ISO再生時に途切れることがある、802.11aにも対応してほしい (これはアクセスポイント側の802.11b/gのスピードが遅いことが原因で途切れることが、後日判明。)
・設定などのインターフェースがもう少しわかりやすくなると吉
・TVのリモコンからだと動きがもっさり、反応にひと呼吸必要 
設定があるのかよくわかりませんが(一応、設定項目があるのですが、効きません)、数時間でSleepに入ってしまい、次回視聴時にトップ画面から辿り直す必要があり、めんどくさい。(2013/11/4追記) 
実はこれ、CECを設定しているため、TVをオフにすると、WD TV Liveもオフになるという現象でした。(2014/1/6追記) 
・Huluを使っていますが、ショートカットがほしい。(Huluのダメダメインターフェースとの相乗効果でとても使いにくい。) (2013/11/4追記)
 

 
 
マニュアルはここ。 

タグ:比較 review

PAV-MP1 と LT-V100 を使ってみて。。。 [Media Player]

LT-V100ではDVDからリッピングしたVIDEO TSは再生できるものの、
Blu-rayからリッピングしたBDMVが再生できない。
MKVは再生できるかと思いきや、それもできなかったので、あらたに
PAV-MP1を調達。

そんなこんなのPAV-MP1とLT-V100の比較と雑感。


プリンストンテクノロジー メディアプレーヤー PAV-MP1

プリンストンテクノロジー メディアプレーヤー PAV-MP1

  • 出版社/メーカー: プリンストンテクノロジー
  • メディア: エレクトロニクス






結果としては、最初からこっちを買っておけば良かったということになりました。ハハハ

PAV-MP1はVIDEO TS, BDMV, MKVどの再生も問題なし。

おそらく、このあたりはどれもOEM製品なんでしょうね。
UIの作りがほぼ同じです。
でも、リモコン、UIの動きなどどこをとっても、PAV-MP1の方が快適。
機能も上。
価格はわずかに高いみたいですが、PAV-MP1がよいです。


ファームウェアの更新頻度:
両方とも定かではないですが、PAV-MP1の方が更新頻度が高そう+過去のファームウェアも入手可能です。
一方、LT-V100はβ版のファームウェアが公開されている点がプラス評価です。

再生できるファイルフォーマット?:
ほぼ同じですが、LT-V100はブルーレイ系に対応していません。MKVにしても正しく再生できません。
LT-V100でもM2TSファイルは再生できるんですけどね。。。
字幕、音声の変更ができず、ファイル再生順序がでたらめです。

リモコン:
LT-V100はボタンが詰まりすぎで同じサイズのボタンで構成されているので、慣れるのに時間がかかります。
一方、PAV-MP1はボタンはやや小さいものの、比較的わかりやすい配置です。

設定・機能など:
両方ともに難しくありません。というかほぼ同じです。両方ともにネットワーク経由(CIFS)でファイルを読み出してちゃんと再生できます。PAV-MP1はブルーレイでも問題なしです。

PAV-MP1はSuperレジュームが便利かも。電源を抜いても前回の再生中断位置を覚えています。

PAV-MP1はデータコピーができるので、USBなどからHDDなどへデータをコピーできるようです。

PAV-MP1はプレイリストの作成が可能です。

PAV-MP1は30秒スキップ、10秒リプレイができるので、ふつうに便利。

寸法:
若干、PAV-MP1の方が大きいかな? 若干高さが高くなり、LCD-32BHR400のオートターンに引っかかるようになってしまいました。。

インターフェース:
PAV-MP100はコンポジット出力ができます。私は使いませんが。。

また、どうやら対応するUSB型の無線LANデバイスを挿すことによって、無線での通信もできそうです。手元にあったPlanexのてきとーなWLAN USBデバイスを挿してみましたが、「このデバイスには対応していません」と表示されました。

他、USBにDVDドライブを接続することにより、DVD VIDEOの再生もできそうです。試していませんが。。

その他:
LT-V100はいつの間にか、落ちている?というかTVの入力切換をHDMIに切り替えてもLV-V100からの入力信号を受けられず、仕方なく、電源をOFF/ONし直すことがしばしばありました。PAV-MP1では今のところそのようなことは発生していません。

PAV-MP1は電源ON時に全面の青色のダイオードが光るのですが、かなり明るいです。部屋を暗くしていると明るすぎる感があります。

リモコンのレスポンスは両方同じだと思いますが、なんとなくPAV-MP1の方が快適な気がします。

2011/2 時点なので今後のファームウェアのバージョンアップで機能が増える可能性が高いですが、
現時点でのご参考まで。。。

 
 他のメディアプレーヤーのレビューはこちら。
 
WD TV Live


LT-V100でブルーレイは再生できないのか [Media Player]

LT-V100では、DVDのVIDEO TSは再生できるものの、ブルーレイのBDMVは再生できない。

BUFFALO メディアプレイヤー LinkTheater LT-V100

BUFFALO メディアプレイヤー LinkTheater LT-V100

  • 出版社/メーカー: バッファロー
  • メディア: エレクトロニクス

まぁ、確かに、再生できるともなんとも書いていないので、あまり期待はしていませんでしたが、
ちょっと残念。

1.jpg

 


リッピングしたブルーレイのBDMVフォルダを指定するとDVDの時と同じく、

   Play Folder       
   Brows Folder    

と表示され、再生はできるのですが、途中からしか再生されず、また音声の変更、
字幕も表示できないので、使えません[たらーっ(汗)]

一方、MKVは再生できるということで、期待して、MKVに変換してしてみましたが。。。

フォーマット最大解像度対応最高
ビットレート
対応条件
Matroska形式(MKV)MPEG-21920×1080×30p Simple and Main
profile@High Level
音声Format:AAC,Dolby Digital(AC-3),DTS,MP3,PCM
MPEG-4 SP/ASP1920×1080×30p 音声Format:AAC,Dolby Digital(AC-3),DTS,MP3,PCM
MPEG-4AVC(H.264)  main and high profile @level4.1対応
音声Format:AAC,Dolby Digital(AC-3),DTS,MP3,PCM
対応拡張子:mkv



こちらも同様。BDMVを再生した時と同じ"途中"から再生で、こちらも音声変更不可、
字幕表示付加なので、これまたダメです。


BDMVを再生できそうな

プリンストンテクノロジー メディアプレーヤー PAV-MP1

プリンストンテクノロジー メディアプレーヤー PAV-MP1

  • 出版社/メーカー: プリンストンテクノロジー
  • メディア: エレクトロニクス
H.264/HDMI 1080p 対応 メディアプレーヤー DN-MP500

H.264/HDMI 1080p 対応 メディアプレーヤー DN-MP500

  • 出版社/メーカー: 上海問屋
  • メディア: エレクトロニクス
あたりが気になる今日この頃。。

ちなみに、リッピングは Pavtube Blu-Ray Ripper 、MKVファイル変換はmakeMKVで
行いました。
Macで行いましたが、Windows7環境でAny DVD HDを使ってリッピングをしてみましたが、
やはり結果は同じで、再生は途中からでした〜。。。
なので、やはりLT-V100側が対応していなのが原因のよう。



タグ:Blu-ray br ISO Ripping

LT-V100 で DVD ISOファイルを再生する [Media Player]

バッファローリンクシアターシリーズのいわゆるメディアプレーヤーLT-V100を入手しました。

目的はファイルサーバーに保存したDVD ISOファイルをテレビで再生するためです。

[TV]--HDMI--[LT-V100]--network--[File server]

こんな感じでの接続になります。

Amazonが価格.com的に最安だったのでAmazonで購入。

BUFFALO メディアプレイヤー LinkTheater LT-V100

BUFFALO メディアプレイヤー LinkTheater LT-V100

  • 出版社/メーカー: バッファロー
  • メディア: エレクトロニクス
価格.comでは酷評されていたりもしますが、そこまででもないというのが率直な感想です。

最初の設定時にはHDMIが認識されないので、コンポジットでTVにビデオ出力します。

起動直後のメニューからSetupを選択し設定します。

設定項目は以下のとおり。

オーディオ設定-音声出力-HDMI LPCM
画面出力設定-テレビ出力設定-HDMI自動

以上。

これでOK。

ネットワーク経由でファイルを参照するにはCIFSでの共有でなければならないようです。
バッファローのWebサイトには

対応プロトコルTCP/IP(HTTP)

と書いてありますが、なんのことかわかりません(笑)

CIFSで共有させるために、前回、ファイルサーバーにsambaを入れたのでした。
それまではnetatalkによるAFPでのファイル共有しかしていなかったので、
LT-V100から認識されませんでした。

ちゃんとファイル共有できれば、あとはMOVIESからDVD ISOファイル達が
保存されているフォルダをたどるだけです。

アクセスIDとパスワードは保存でるので初回だけ入力する必要があります。


つかってみて。。

おおむね、問題ありません。やりたいことはこれでできました♪

使い勝手が少し悪いのは否めませんが、許容範囲内です。

さらにファームウェアを1.70βに上げると使い勝手が向上します。

ファームウェア1.4時代はDVDのチャプタスキップができず、不便でしたが、
ファームのバージョンアップにより、できるようになり満足。

残る不便は、MOVIESからISOファイルのフォルダを毎回たどるのが
ちょっと面倒なところくらい。
ショートカット登録できるけど、ショートカット先が共有サーバーの
ルートディレクトリなので、ちょっと使えない。。
ISOファイルのフォルダをブックマークできればいいんですが、、

Macでファームバージョンアップをする際のtipとして、
バッファローのサイトからダウンロードできるファイルが
Winsowsで使われる.exe自動解凍ファイルって言うんでしたっけ?なので
Macの標準機能では解凍できません。

無償のファイル解凍ソフトStuffIt Expanderを利用すれば、解凍でき、
中の.imgファイルを取り出せるようになります。


あとは、リモコンのボタン間隔が詰まりすぎていてわかりにくかったり、
使いにくいですが、この値段なので、まぁ仕方ないでしょう。
今のところ不具合も出ていないので、LT-V100買って正解でした。
少し高くて機能が少しだけ多そうな

プリンストンテクノロジー メディアプレーヤー PAV-MP1

プリンストンテクノロジー メディアプレーヤー PAV-MP1

  • 出版社/メーカー: プリンストンテクノロジー
  • メディア: エレクトロニクス
との比較で迷っていたのですが、

BUFFALO メディアプレイヤー LinkTheater LT-V100

BUFFALO メディアプレイヤー LinkTheater LT-V100

  • 出版社/メーカー: バッファロー
  • メディア: エレクトロニクス



これで結果おーらいかな。

画質などは、DVI ISOファイルをTVで再生しているだけなので、DVDを普通に
TVで再生するのと同じですので、レビュー対象外。

ちなみにTVは


これで130本以上のDVDがテレビで見られるようになりました。
 
 
 他のメディアプレーヤーのレビューはこちら。
 
WD TV Live
 
PAV-MP1


Media Player ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。