So-net無料ブログ作成
検索選択
エステ
Time Capsule ブログトップ

あらためて Time Capsule を分解してみます。 [Time Capsule]

以前、Time Capsuleを分解するネタを書いているのですが、
もうちょっと細かい情報を残しておきます。

分解の方法はTime Capsuleの世代によってことなるようです。
ここでは、
APPLE Time Capsule 1TB MC343J/A

APPLE Time Capsule 1TB MC343J/A





このモデルをベースに説明します。


同じ1TBのモデルでも
Apple Time Capsule 1TB MB765J/A

Apple Time Capsule 1TB MB765J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: エレクトロニクス
Apple Time Capsule 1TB MB277J/A

Apple Time Capsule 1TB MB277J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: エレクトロニクス
など複数のモデルがありますので、分解方法が異なるかもしれません。
ご承知おきを。


では早速。


1.裏返します。
P1080422.jpg


2.ラバーを引きはがします。
P1080423.jpg
初回は、かなりの力が必要です。
がんばってください[あせあせ(飛び散る汗)]
角っこからマイナスドライバーなどを差し込むとなんとか
なるかもしれません。。


3.プラスのドライバーでねじを外します。(10カ所)
P1080424.jpg
ねじを外すと天板が外れます。
ファンの4pinコネクターがメインの基板につながっているので、
そっとはずしてあげます。

4.ハードディスクのコネクタを外します
P1080435.jpg
ハードディスクは特に固定されていないので、HDDにつながっている
SATAコネクタと電源コネクタを抜けば取り出せるのですが、さらに
温度センサーもつながっており、HDDのサルベージなどの作業が
しにくい場合は、4.に進み、センサーのコネクタも抜いてください。


4.電源モジュールを外します
P1080425.jpg
電源モジュールから伸びているコネクタを抜き、

pic.png
電源モジュールを上に引き上げ、取り除きます。

5.ハードディスクを上に引き上げ、分解完了
P1080437.jpg
ハードディスクには温度センサーのコネクタがメイン基板に
刺さっているので、抜いてくださいね。


ちなみに、Time Capsuleに乗っているHDDは、、
P1080440.JPG

でした。。

おしまい[揺れるハート]


取り外したHDDからのデータの復旧は こちら





ちなみに、Time Capsuleの起動システム部分はファームウェアに
のっているようですので、おそらく、HDDを交換するだけで、認識
されて、初期化されるような気がします。

これが成功するのだとすると、Time CapsuleのHDDを交換して
容量をUPすることが可能ですね。


故障したTime Capsuleからデータを救い出す方法 [Time Capsule]

[るんるん]このブログへのアクセスログを拝見しておりますと、

分解 + Time Capsule のキーワードでたどり着いて来られている方が
非常に多いようです。
つまり、、Time Capsuleが故障して[あせあせ(飛び散る汗)]、分解してでもハードディスクから
データを救出できないかと思われる方が多いということでしょうか。。

そこで、以前のブログでは、分解について書かせていただき、
データのサルベージの仕方については細かく書いていませんでしたので、
改めて、データの取り出し方についてメモしておきたいと思います。。。

タイムカプセルの分解については、こちらの通りですので、
参考にしてください。

さてさて、HDDからのデータの取り出し方についてです。

いろいろとやり方はあるかと思いますが、Time Capsuleを使っている
ユーザーの想定としてMacユーザーが多いでしょうから、Macを使った
方法についてメモしておきます。



ステップ1
Time Capsuleから取り出したHDDをMacにつなぎ認識させます


つなぐにはこんなツールを使うのが便利です。



グリーンハウス SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA

グリーンハウス SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA

  • 出版社/メーカー: グリーンハウス
  • メディア: エレクトロニクス



内蔵されているハードディスクはSATAですので、SATA→USBに変換し、
それをMacに接続します。

繋ぐとこうなります↓

【Mac】=USB=[USB-SATA変換]=【取り外したHDD】-ACアダプタ給電

認識されると「ディスクユーティリティー」にこのように表示されます。
# ディスクユーティリティーは、「アプリケーション」→「ユーティリティー」の
# 中にあります。

スクリーンショット(2010-03-08 2.58.30).png
ディスクに異常が無ければ、Time Capsuleから取り外したHDDには
3つ以上のパーティションに区切られており、

APconfig
APswap
Backup(←これは私の場合)

などと分かれているはずです。

パーティションテーブル自体に問題がある場合は、これらが正しく
表示されないかもしれません。
その場合、パーティションテーブル自体の復旧がまず必要となります。(※)

ここでAPconfig,APswap以外のパーティションがデータを保存していた
パーティションになります。(ここではBackup)

そのマウント済みパーティション(ここではBackup)をFinder
のぞいてみてください。

必要なデータがあればよいのですが、不幸にしてない場合、
そのパーティションの検証を行ってください。
(ディスクユーティリティの一番左のボタンから。)
不具合がある場合、

スクリーンショット(2010-03-08 3.01.07).png

このように

ディスクユーティリティーはxxxの検証を中止しました。
このディスクは修復する必要があります。
“ディスクを修復”をクリックしてください。

と言われますので、右下の「ディスクを修復」ボタンをクリックします。

スクリーンショット(2010-03-08 3.01.17).png
しばらくすると修復が終わり・・・

スクリーンショット(2010-03-08 3.02.12).png
修復に成功すると↑のように表示されます。
再度マウント済みパーティション(ここではBackup)をFinderで
のぞいてみてください。
必要なデータがあればよいのですが、不幸にしてない場合も
ステップ2へ進みます。

修復に失敗した場合も、残念ですがステップ2へ進みます。



ステップ2
データを取り出すためのアプリをインストールします


私はこれをつかいました♪


データレスキュー3

データレスキュー3

  • 出版社/メーカー: アイギーク・インク
  • メディア: DVD


とても簡単に使えるMacのみで動くサルベージツールです。

マニュアルに従って、インストールしてください。

インストールが終わりますと
スクリーンショット(2010-03-08 3.04.54).png
このような画面が表示されますので、「ドライブボリュームの選択」
ボタンをクリックします。

スクリーンショット(2010-03-08 3.05.27).png
左下の「詳細ビュー」をクリックし、

スクリーンショット(2010-03-08 3.05.34).png
データを救い出したいパーティションをクリックします。
ここではBackupパーティションをクリックします。
(内蔵ブートドライブではなく、外付けUSBから選んでね[るんるん]

次にスキャン方法を選びます。

スクリーンショット(2010-03-08 3.10.08).png
まず、「クイック」を選択し、「開始」ボタンをクリックします。

途中、↓のような画面が表示され、、
スクリーンショット(2010-03-08 3.06.15).png
1分程度で終了します。

スキャンが完了しますと、

スクリーンショット(2010-03-08 3.09.21).png
このように、救出できたデータが一覧で表示されます。
後は救い出したいデータにチェックをつけ、「復旧」ボタンを
クリックします。


これで、復旧できればよいのですが、
私の場合は復旧できませんでした。。

そこで、再度、この画面に戻りディープスキャンを行います。
スクリーンショット(2010-03-08 3.10.08).png

ディープスキャンは非常に時間がかかります。。。
スクリーンショット(2010-03-08 3.10.23).png
ハードディスクの容量にもよりますが、まる1日程度かかることを
覚悟してください。。

こちらも救出が完了しますと、、クイックの時と同じファイル一覧の
画面が出てきますので、そこから復旧します[揺れるハート]

私の場合は、ディープスキャンで90%程度のファイルを取り戻す
ことに成功しました。



(※)パーティションテーブルからの復旧やデータレスキューを使っても
データが復旧できなかった場合は別途ご相談を。。



Time Capsule分解の巻 [Time Capsule]

分解がしたかったのではありません。(笑)

間違って、初期化してしまい、削除してしまったファイルをサルベージするために、
やむなくTime Capsuleを分解したのです[たらーっ(汗)]

さっそくですが、

IMG_0781.jpg

Time Capsuleをひっくり返しますと、こんな感じでラバーのカバ−?が
取り付けられています。

まずはこれを剥がします。。
けっこうな力が必要で、途中で挫折しそうになりました[たらーっ(汗)]

少し粘着材が残ってしまいましたが、剥がすとこんな感じです。

IMG_0780.jpg

10カ所ほどねじ止めされているので、それをはずします。
ふつーのネジです。

アルミの底板が外れます。

IMG_0775.jpg

底板と本体は、底板に張り付いたファンのケーブルでつながっています。


ちなみに、もっと詳細な分解はこちら


HDDには温度センサーが取り付けられていますが、そのままにして、
SATAのHDDに繋がれた電源ケーブルとSATAケーブルを取り外し、



こういうのを使って、Macにつなぎます。



そして、こちら↓で復旧。

データレスキュー3

データレスキュー3

  • 出版社/メーカー: アイギーク・インク
  • メディア: DVD



ディープスキャンに25時間くらいかかりましたが、
必要なファイルはほぼ復旧[揺れるハート]
よくできています。


2010/3/8追記-----------------------------------------------
データレスキューを使ったデータの復旧方法はこちらで解説。
--------------------------------------------------------------


そもそもの元凶は、Time Machineのバックアップファイルを
消したいと思い、

スクリーンショット(2009-11-19 3.10.16).png
この画面から[消去]ボタンを押してしまったことから悲劇が始まったのでした。。

てっきり、Time Machineのファイルだけが消去されると思いきや、
他の共有ファイルもぜーんぶ消去してくれました(^^;)
思い込みとは怖いものです。。気をつけよっと[あせあせ(飛び散る汗)]






Time Capsule でリカバリ の巻 [Time Capsule]

さて、身ぎれいになったところで、Time Capsule をつかって

APPLE Time Capsule 1TB MC343J/A

APPLE Time Capsule 1TB MC343J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: エレクトロニクス
  • メディア: エレクトロニクス







  • ・設定

 

・アプリケーション

・データ

などをリカバリします♪

システム環境設定→Time Machine からごにょごにょ設定

そして。いざ、Time Machineへ!

さて。ここで、気づいたのですが、具体的には、どうやって

リカバリするのでしょうか?? (^ ^;)

過去一月半分がずらっとならんで、うつくしいのですが、

さてさて。。。

どうやら、復元したいデータを選択して、復元ボタンとぽちっと

やるようです。

ならばと。。。

デバイスの「Macintosh HD」は選択できるので、選択して、

復元ボタンをぽちっと押します。

あとは、待つだけ♪♪♪

・・・・2時間くらいでしょうか。

はい、おわりました♪

ん。画面は変わらないようです。

しかし、SSDの空き容量は明らかに減っています。

コピーはちゃんとされたみたいです。

とりあえず、再起動してみましょう♪

ん。

やっぱり変わりません。あいかわらず、空き容量は同じまま。

ん〜。ここで、やっと、Time Capsuleの使い方について

しらべました(^^;)

http://support.apple.com/kb/HT1177?viewlocale=ja_JP

方法は、大きく分けて3つあるようです。

(完全に、使い方をまちがえていました。。。)

 

 

1.「移行アシスタント」からリストアする方法

2.消去されたボリューム全体を復元する方法

3.既存の Time Capsule バックアップを新しい Mac に復元する方法

読めば、方法2と3は時すでに遅そうですが、方法1の「移行アシスタント」

といわれると、なんとなく設定しか移行してくれなさそうです。

(実は、そうではありませんが、当時の思い込みです♪)

仕方ないので、方法2を採用します(^^;)

振り出しに戻りました。。

また、インストールDVDを入れて。。。

ただし、今度は、途中の「ユーティリティ」メニューで

「バックアップからシステムを復元」を選びます。

が。。。。。。

復元元のボリュームを選択し、IDとパスワードを入力しますが、

バックアップデータがいっこうに現れません。。。

しばらく試行錯誤したところで、一つだけ思い当たることがありました。

そう、バックアップデータの保存先をアカウントのデータ保存先としているのです。

しかし、復元元のボリュームとして探しには行ってくれないことが

原因で、バックアップデータが現れない気がします。

という思い込みから、アカウントのデータ保存先から、/Dataへバックアップデータを

移動してあげました。

で、再開したところ。。

見事、バックアップデータは認識されて、ちゃーんとTime Capsuleから

復元できました♪♪♪

 


Time Capsule ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。