So-net無料ブログ作成
検索選択
エステ
Server software ブログトップ

Ubuntu パッケージ検索はここ [Server software]

バージョンごとにapt-getで入手できるパッケージを検索できます。
いつもちょっと探すので、メモ的に。


Postfixを使ってGmailアカウントのメールを送る [Server software]

サーバーでPostfixを動かして、自分のGmailアカウントのメールを送るための設定です。
これでローカルでroot宛てに届いたメールをGmailアカウント宛てに転送することもできます。
Zabbixのアラートメールも送れます。

まずは、Postfixのインストールから。ちなみに、サーバーはUbuntu11.10
# apt-get install postfix

Gmailでメールを送るためには、TLS/SSLが必要なので、sasl2-binもインストール。
# apt-get install sasl2-bin


次に設定。
# vi /etc/postfix/main.cf
--
# See /usr/share/postfix/main.cf.dist for a commented, more complete version

# Debian specific:  Specifying a file name will cause the first
# line of that file to be used as the name.  The Debian default
# is /etc/mailname.
myorigin = localhost.localdomain

smtpd_banner = $myhostname ESMTP $mail_name (Ubuntu)
biff = no

# appending .domain is the MUA's job.
append_dot_mydomain = no

# Uncomment the next line to generate "delayed mail" warnings
delay_warning_time = 1h

readme_directory = no

# TLS parameters
smtpd_tls_cert_file=/etc/ssl/certs/ssl-cert-snakeoil.pem
smtpd_tls_key_file=/etc/ssl/private/ssl-cert-snakeoil.key
smtpd_tls_session_cache_database = btree:${data_directory}/smtpd_scache
smtp_tls_session_cache_database = btree:${data_directory}/smtp_scache
smtp_use_tls=yes

# See /usr/share/doc/postfix/TLS_README.gz in the postfix-doc package for
# information on enabling SSL in the smtp client.

myhostname = ws # サーバー名に書き換えます
alias_maps = hash:/etc/aliases
alias_database = hash:/etc/aliases
mydestination = ws, localhost.localdomain, localhost # サーバー名を追記
relayhost = [smtp.gmail.com]:587
mynetworks = 127.0.0.0/8 [::ffff:127.0.0.0]/104 [::1]/128
mailbox_size_limit = 0
recipient_delimiter = +
inet_interfaces = localhost
home_mailbox = Maildir/

smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_auth
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_tls_security_options = noanonymous
smtp_sasl_mechanism_filter = plain

relay_domains = gmail.com
smtpd_recipient_restrictions = permit_auth_destination,reject
--


sasl_auth を新たに作成します。Gmailアカウントの設定です。
# vi /etc/postfix/sasl_auth
--
[smtp.gmail.com]:587  example@gmail.com:password
--

パスワードファイルの読み書き権限を変更します。
# chmod 600 /etc/postfix/sasl_auth

パスワードファイルをハッシュ化します。
# postfix  /etc/postfix/sasl_auth
最近のpostfixでは、postfixコマンドの代わりに、postmapコマンドを使うようです。(2013/9/16追記)
 

これで、/etc/postfix/sasl_auth.dbが作成されたはずです。

# service postfix restart

これでおわり。

root宛てのメールをexample@gmail.com宛てに転送する設定は/etc/aliasesから。
# vi /etc/aliases
--
root: example@gmail.com
--

ハッシュ化。
# newaliases


これで送れるはずですが。。


ところで、ログが、/var/log/syslogと/var/log/mail.log両方に同じものがはかれているので、設定を変更します。

# vi /etc/rsyslog.d/50-default.conf

--(変更前)
(略)
*.*;auth,authpriv.none     -/var/log/syslog
(略)
--
--(変更後)
(略)
*.*;mail,auth,authpriv.none     -/var/log/syslog
(略)
--

# service rsyslog restart



Done!

タグ:リレー

NFSサーバーをインストールする [Server software]

Zabbix serverが入っているサーバーが ubuntu 10.04に上げてからよく落ちる。

ログを見てもよくわからず、仕方ないので、10.04をきれいに入れ直してみることに。

その際、設定ファイルやらをバックアップするのに、ファイルサーバーにNFSを
入れてみた。

sambaでもLinux同士の共有ができるらしいですが、

# mount -t cifs 192.168.1.10:/st1/nao /media/fs

とかしても、

mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on 192.168.1.10:/st1/nao,
       missing codepage or helper program, or other error
       (for several filesystems (e.g. nfs, cifs) you might
       need a /sbin/mount.<type> helper program)
       In some cases useful info is found in syslog - try
       dmesg | tail  or so

こんな具合に怒られるので、昔懐かしいNFSで共有することに。


ファイルサーバー側で

# apt-get install nfs-kernel-server

nfs-user-server版はメンテされていないようなので、kernel-server版で。


# vi /etc/exports

で下記を追記。

/st1/nao 192.168.1.0/255.255.255.0(rw,async,no_root_squash,no_subtree_check)


"no_root_squash"を入れないと、共有したときに権限関係で面倒なことになったので、
入れることに。

# /etc/init.d/nfs-kernel-server restart

# showmount -e localhost

Export list for localhost:
/st1/nao 192.168.1.0/255.255.255.0

となればOK




# apt-get install nfs-common

# mount -t nfs 192.168.1.10:/st1/nao /media/fs

これで、OK [るんるん]

ubuntu 9.10 から 10.04 へアップグレードすると。。。 [Server software]

zabbix sever が大変なことになっています[たらーっ(汗)]

スクリーンショット(2010-05-11 1.29.04).png

ま、これはおいおい直すとして、、


/etc/init.d/samba あたりがよくわからないことになっています。

そのあたりだけ抜粋しますと。。

$ ls -la /etc/init.d

lrwxrwxrwx  1 root root    21 2010-05-10 18:31 nmbd -> /lib/init/upstart-job
-rwxr-xr-x  1 root root  3011 2010-03-11 01:57 samba.dpkg-bak
lrwxrwxrwx  1 root root    21 2010-05-10 18:31 smbd -> /lib/init/upstart-job

もともとあった、sambaはなぜか過去の日付でsamba.dpkg-bakにリネームされ、
あらたに、nmbdとsmbdが追加され、妙なところへのシンボリックリンクとなっている
模様。

どうやら、以前から、Debian系もsysvinitからupstartへの移行が進んでいる模様です。

ubuntu 10.04からはsambaもこの波に巻き込まれて、upstartから起動することに
なっているようです。

そのため、/etc/init.d/samba が廃止され、upstartから起動するデーモン類は
/etc/init/*.conf にそれぞれ書くことになります。

sambaであれば、
/etc/init/smbd.conf
/etc/init/nmbd.conf

sambaをソースからmakeしてインストールした場合は、実行ファイルの場所が異なり
ますので、書き換えが必要です。

# vi /etc/init/smbd.conf

description "SMB/CIFS File Server"
author      "Steve Langasek <steve.langasek@ubuntu.com>"

start on local-filesystems
stop on runlevel [!2345]

respawn

pre-start script
        RUN_MODE="daemons"

        [ -r /etc/default/samba ] && . /etc/default/samba

        [ "$RUN_MODE" = inetd ] && { stop; exit 0; }

        install -o root -g root -m 755 -d /var/run/samba
end script

#exec smbd -F
exec /usr/local/samba/sbin/smbd -F

nmbdも同様。


ちなみに、upstartでは、デーモンの起動・停止なども

# start smbd
# stop smbd

と、簡単になりました。

これでソースからビルドしたsamba3.5.2もubuntu 10.04で動くようになりました。

ちなみに、同じくソースからビルドしたnetatalk2.1については、特に問題なく、
おそらく、netatalkはapt-getで2.0.x系をインストールしていないので、
アップグレードの影響を受けなかったのだと思います。。


AVAHI でFinderからsambaも検出させる [Server software]

Finderからnetatalkを検出させるのに、avahiをつかっていましたが、
同様に。

netatalk用
/etc/avahi/services/afpd.service

<?xml version="1.0" standalone='no'?>
<!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd">
<service-group>
<name replace-wildcards="yes">%h-afp</name>
<service>
<type>_afpovertcp._tcp</type>
<port>548</port>
</service>
</service-group>


/etc/avahi/services/smb.service

<?xml version="1.0" standalone='no'?><!--*-nxml-*-->
<!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd">
<service-group>
<name replace-wildcards="yes">%h-cifs</name>
<service>
<type>_smb._tcp</type>
<port>139</port>
</service>
</service-group>


 <name replace-wildcards="yes">%h-afp</name>
<name replace-wildcards="yes">%h-cifs</name>

ここを変えてあげるとFinderから見てわかりやすい。
sambaかnetatalk、こんがらがることもありません。

Server software ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。