So-net無料ブログ作成
エステ
Server hardware ブログトップ

APC Network management card用ケーブル940-0299をつくる [Server hardware]

秋葉原のジャンクショップでAPC Smart-UPS 1500で使えるNetwork management card2 AP9631を400円ほどで手に入れたのはよいものの、AP9631はそれまで使っていたAP9617とは異なり、カードに直接シリアル接続して、通信する模様。

AP9617は940-0024をSmart-UPSのシリアルポートに接続してNetwork managementカードの設定を行うのですが、AP9631は940-0299をNetwork managementカード自体に搭載際されている2.5mm 3pin stereo plug connectorに接続します。

ですが、ですが、なかなか940-0299が見当たりません。940-0024は外見はシリアルケーブル、ピンアサインは独自。940-0299はPC側D-sub9pin、UPS側が2.5mm 3pin stereo plug な、ちょっと特殊な感じです。USのAmazonなどで見つかりますが、日本へシッピングしてくれる業者さんのは高い。

そこで、作ることに。
ピンアサイン?はこんな感じ。

秋月などで、50円くらいで手に入る9pin D-subメスコネクターと適当なステレオミニプラグ2.5mmを入手して加工します。



ステレオミニプラグを半分に切って、ケーブルを剥いであげます。

IMG_0836.jpg

赤→L、白→R、むきだし→GROUNDなので、赤→2、白→3、むきだし→5に半田付けしておわり。

IMG_0845.JPG


Management card2をUPSに取り付けて、作成したケーブルをいちばん左のコンソールポートにつないでOK。
たまたま、user/passwordともに初期状態だったので、apc/apcでIP addressを設定して、使えるようになりました!
IMG_0841.JPG





いつのまにかネットワークが落ちてる [Server hardware]

Zabbixを入れているサーバがいつの間にか止まっている。

よくよく見てみると、サーバが落ちているわけではなく、ネットワークだけが
停止している模様。

May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980020] ------------[ cut here ]------------
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980039] WARNING: at /build/buildd/linux-2.6.32/net/sched/sch_generic.c:261 dev_watchdog+0x262/0x270()
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980046] Hardware name: To Be Filled By O.E.M.
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980051] NETDEV WATCHDOG: eth0 (r8169): transmit queue 0 timed out
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980056] Modules linked in: snd_hda_codec_nvhdmi snd_hda_codec_realtek fbcon tileblit font bitblit softcursor vga16fb vgastate snd_hda_intel snd_hda_codec snd_hwdep nouveau snd_pcm snd_timer ttm snd soundcore drm_kms_helper snd_page_alloc drm i2c_nforce2 i2c_algo_bit psmouse shpchp serio_raw lp parport usbhid hid usb_storage r8169 mii ahci
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980128] Pid: 0, comm: swapper Not tainted 2.6.32-21-server #32-Ubuntu
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980134] Call Trace:
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980139]  <IRQ>  [<ffffffff81066d1b>] warn_slowpath_common+0x7b/0xc0
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980157]  [<ffffffff81066dc1>] warn_slowpath_fmt+0x41/0x50
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980167]  [<ffffffff81489e42>] dev_watchdog+0x262/0x270
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980177]  [<ffffffff8101a0e3>] ? native_sched_clock+0x13/0x60
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980187]  [<ffffffff8108aeb5>] ? sched_clock_local+0x25/0x90
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980196]  [<ffffffff81489be0>] ? dev_watchdog+0x0/0x270
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980205]  [<ffffffff81077447>] run_timer_softirq+0x197/0x340
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980215]  [<ffffffff810944e0>] ? tick_sched_timer+0x0/0xc0
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980224]  [<ffffffff8108f193>] ? ktime_get+0x63/0xe0
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980233]  [<ffffffff8106e257>] __do_softirq+0xb7/0x1e0
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980242]  [<ffffffff810940ca>] ? tick_program_event+0x2a/0x30
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980250]  [<ffffffff810142ec>] call_softirq+0x1c/0x30
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980258]  [<ffffffff81015cb5>] do_softirq+0x65/0xa0
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980266]  [<ffffffff8106e0f5>] irq_exit+0x85/0x90
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980276]  [<ffffffff8155c701>] smp_apic_timer_interrupt+0x71/0x9c
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980284]  [<ffffffff81013cb3>] apic_timer_interrupt+0x13/0x20
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980289]  <EOI>  [<ffffffff8101b551>] ? mwait_idle+0x71/0xd0
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980305]  [<ffffffff8155a2ea>] ? atomic_notifier_call_chain+0x1a/0x20
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980315]  [<ffffffff81011e63>] ? cpu_idle+0xb3/0x110
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980324]  [<ffffffff8154f580>] ? start_secondary+0xa8/0xaa
May 25 14:46:28 ws kernel: [39037.980331] ---[ end trace 3d197f75c8ec0014 ]---
May 25 14:46:28 ws kernel: [39038.032853] r8169: eth0: link down

syslog的には、だいたいこんな具合で、その後落ちています。

そもそも、

$ lspci

04:00.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168B PCI Express Gigabit Ethernet controller (rev 02)

と、Realtekの8168Bなのに、8169がロードされています。

これが原因かどうかわかりませんが、6時間くらいで定期的に落ちてしまいます。


Realtekのサイトから8168B用のドライバをダウンロードして、これを適用します。

が、本家からダウンロードできないので、こちらからダウンロードしました↓



ダウンロードしたファイルを展開して、

# autorun.sh

で、ドライバのインストールは終わりです。
コンパイルできる環境が入っていないと失敗するので、事前に整えて。

このあと、

# rmmod r8169
# rmmod mii
# modprobe r8168
# modprobe r8168
# depmod -a 
# update-initramfs -u
# echo "blacklist r8169" >> /etc/modprobe.d/blacklist.conf

ちなみに、

# depmod -a 
# update-initramfs -u

このあたりを忘れると、lsmodしても亡霊のように r8169 が現れます。

# lspci -v

04:00.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168B PCI Express Gigabit Ethernet controller (rev 02)
Subsystem: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168B PCI Express Gigabit Ethernet controller
Flags: bus master, fast devsel, latency 0, IRQ 30
I/O ports at e800 [size=256]
Memory at febff000 (64-bit, non-prefetchable) [size=4K]
Memory at f9ff0000 (64-bit, prefetchable) [size=64K]
Expansion ROM at febc0000 [disabled] [size=128K]
Capabilities: <access denied>
Kernel driver in use: r8168
Kernel modules: r8168

大丈夫ですね。

これでネットワークが落ちないかしらばらく様子をみます〜


ES34069-BK-180 ですが割とファンがうるさいので。。 [Server hardware]


ファンを交換してみようかと。
あと、SATAケーブルが硬く、ケース内でちょっと邪魔なので
もう少し柔らかいものに交換。

もともファンはこちら。
IMG_1209.JPG
70x70x20mm

型番はこう読むらしい

そして、スペックは
MG(1)7012LB-(2)20
Maximum Air Flow 21.33CFM
Speed 2,500rpm
Noise
27.6dB


そして入手したのはこちら

アイネックス OMEGA TYPHOON 70mm 超静音タイプ CFZ-70S

アイネックス OMEGA TYPHOON 70mm 超静音タイプ CFZ-70S

  • 出版社/メーカー: AINEX
  • メディア: エレクトロニクス
スペックは全体的に低くなるのでOKなのですが、、
厚さが25mm


IMG_1216.JPG
ぎりぎり収まったのですが、、左側が若干干渉する。。

そこで、左のファンを外して、とりあえず1個で動かしてみることに。。


そうすると。。。
スクリーンショット(2010-04-15 9.34.55).png
HDDの温度が47℃まで上昇。。

というわけで、あっさり、元のファンに戻すことに。

スクリーンショット(2010-04-16 1.22.53).png
はい。戻りました。。


SATAケーブルも変更。
IMG_1190.jpg

元はこんな感じ。


柔らかいSATAケーブル50cmを4本購入。
IMG_1218.jpg

これに差し替え。
ストッパーは片側だけでよかったかも。

IMG_1224.jpg

ちょっと長すぎたかも[たらーっ(汗)]
ちゃんと計ってなかったので。
もとのケーブルは30cmと40cmそれぞれ2本ずつでした。

実際は、25cmと30cmそれぞれ2本ずつでもよさそう。


少しだけすっきりしました。

ES34069-BK-180 の巨大ACアダプタがうるさい [Server hardware]

先日乗り換えたこちらの筐体ですが、

ES34069-BK-180 Mini-DTX/Mini-ITX Micro Tower Chassis

ES34069-BK-180 Mini-DTX/Mini-ITX Micro Tower Chassis

  • 出版社/メーカー: Chenbro
  • メディア: 
電源内蔵タイプではなく、ACアダプタからの電源供給なのですが、
付属の巨大ACアダプタがうるさいのです。

ACアダプタがうるさいなんて経験は初めてなのですが[たらーっ(汗)]
なんて言うんでしょう、高周波のノイズでしょうか。
音は大きくないのですが、かなり高い音で耳障りです。

そこで、同タイプのACアダプタを探すことにしました。

ただ、、なかなかないんですね。。

秋葉原あたりで一日探し回ればどこかにあるのかもしれませんが、
19V 9.5A 180W 4Pin-Din 仕様のACアダプタは国内の販売サイト
では見あたらず、仕方なくUSのサイトから取り寄せることに。

こちら。

ちょっと高いなぁ。。

(追記)
後日、販売サイトから在庫切れの連絡が。
在庫切れじゃなくて、入手できないんでしょうが[むかっ(怒り)]


fiono330 静音化 [Server hardware]

ファイルサーバを CG-HDC4EU3500からES34069-BK-180 へ
移行しましたが、電力が足りなくて、

グリーンハウス SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA

グリーンハウス SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA

  • 出版社/メーカー: グリーンハウス
  • メディア: エレクトロニクス



こういうもをES34069-BK-180ベースのサーバに接続できなくなって
しまいました[たらーっ(汗)]



そこで、昔買ったfiono330を復活させることにしました[るんるん]
FunTwist ベアーボーン ブラック Fiono330

FunTwist ベアーボーン ブラック Fiono330

  • 出版社/メーカー: Fun Twist
  • メディア: エレクトロニクス





  • ただ。。。fiono330はコンパクトなのですが、音がうるさいのです。
  • ヒートシンクに取り付けられたFANは
IMG_1167.jpg
60x60x15mm

こちらですが、これ自体は比較的静かなFANなのですが、
筐体とFANの間で生じる風切り音が騒音の原因のようです。

そこで。。

対策1)FANをはずす
→NG:熱暴走
    上蓋を外した状態でも熱暴走

対策2)FANをはずして、ダウンクロックする
→NG:熱暴走
    上蓋を外している間はOK
    上蓋を閉じると熱暴走

ダウンクロックはここから↓
IMG_1169.JPG
FSBは533MHz&600MHzとなっており、一見ダウンクロック
できなさそうですが、
System Clock ModeをLinkedに設定することで、
FSBを400MHzに設定することができ、結果、1.6GHzから
1.2GHzにダウンクロックができます。

対策3)FANを小型で風量の少ないものに交換する
→OK:今のところ。。。

交換したFAN@¥1,340 はこちら↓
IMG_1168.jpg
45x45x10mm
およそ風量が半分以下の6.8CFMのFANに交換

交換後はこんな感じ
IMG_1170.jpg
かなり小さくなりました。

上蓋がすこし熱くなりますが、まだ熱暴走には至っていません。
しばらく様子をみることに。。。
夏はしんどいかなぁー[あせあせ(飛び散る汗)]

ケースを ES34069 へ移行します [Server hardware]

Linux箱としてファイルサーバのコントローラとして使ってきた

Linux箱.jpg


から、このたび購入しました

ES34069-BK-180 Mini-DTX/Mini-ITX Micro Tower Chassis

ES34069-BK-180 Mini-DTX/Mini-ITX Micro Tower Chassis

  • 出版社/メーカー: Chenbro
  • メディア: 
へ移行します。

といっても、ドライブ類は一切のっていないので、
マザーボードを載せ替えて、USBメモリを差し替えるだけです。

かなり狭いですが、マザーボードをとりあえず引っ越し。

IMG_1114.jpg
詰め込みます[あせあせ(飛び散る汗)]

つぎにHDDを引っ越しさせます。

Corega 4BAY RAID eSATA/USB2.0 SATA3.5インチHDDケース CG-HDC4EU3500

Corega 4BAY RAID eSATA/USB2.0 SATA3.5インチHDDケース CG-HDC4EU3500

  • 出版社/メーカー: コレガ
  • メディア: エレクトロニクス
ここにさしていたHDD4本を取り出します。


HDDをES34069に付属していたHot Swapキャリアにねじ止めします。

ねじ止め前(ちなみに、2.5inchのHDDも載せられます)
IMG_1115.jpg


ねじ止め後
IMG_1117.JPG


キャリアの前面には
IMG_1116.JPG
HDDの利用可否とアクセスを知らせるLED(正確にはHDDを接続する基板に搭載されたLEDを引き出すライン)が二つ付いています。

ケースの電源を入れるとこんな感じ。
IMG_1118.jpg

本体の電源OnにともなうLEDが明るすぎて、わかりにくいですが、
HDDのLEDもそれぞれ点いています。

ケースには、LAN Activities LED につながるケーブルが2本出ていますが、
マザーボードにはつなげられる口がありませんから、放置します〜

昔のNICにはよく口が付いていましたけどね。。ちょっと残念。

あと、Global Failure LED なるものもついているのですが、
いつ、どんなタイミングで点くのか不明です。



ES34069-BK-180 組み上げる前に。。。 [Server hardware]

こんな感じで到着

IMG_1104.JPG

本体を取り出し、サイドのパネルを開けてみます。

IMG_1105.jpg

マザーボードを取り付けるベイ?を引き出します。

IMG_1106.jpg

4基のディスクを搭載する部分の裏側

IMG_1107.jpg

付属物(ねじ類など)

IMG_1109.JPG

付属物(低めのヒートシンク)
IMG_1108.jpg

付属物(ACアダプタ)
IMG_1110.JPG
ちょっと、おおきくないですか・・・[たらーっ(汗)]

IMG_1113.JPG

電源コネクタは4ピンです。
IMG_1111.JPG

壊れやすいのはACアダプタですから、故障した時のスペアを
今からさがさないと。。


では、組み上げます〜[るんるん]

ES34069-BK-180 到着 [Server hardware]


先日注文した、ES34069-BK-180 わりと早く着きました。

ES34069-BK-180 Mini-DTX/Mini-ITX Micro Tower Chassis

ES34069-BK-180 Mini-DTX/Mini-ITX Micro Tower Chassis

  • 出版社/メーカー: Chenbro
  • メディア: 

BulletAt Foreign Delivery Unit, March 30, 2010, 6:02 am, JAPAN
BulletOut of Foreign Customs, March 29, 2010, 1:43 pm, JAPAN
BulletInto Foreign Customs, March 29, 2010, 12:28 am, JAPAN
BulletArrived Abroad, March 29, 2010, 12:27 am, JAPAN
BulletInternational Dispatch, March 25, 2010, 8:35 am, ISC CHICAGO IL (USPS)
BulletArrival
BulletShipment Accepted; March 24, 2010, 3:08 pm, MADISON, WI 53725
BulletElectronic Shipping Info Received, March 24, 2010

で、30日18:00ころには到着しました。

BulletElectronic Shipping Info Received, March 24, 2010

は時差がありますから、日本時間では25日なので、実質4〜5日と
いうところでしょうか。

USPSもWebでトレースができます。
スクリーンショット(2010-03-30 20.33.36).png






CG-HDC4EU3500 の動き これでいいの?? [Server hardware]

前回不満をならべた、CG-HDC4EU3500 ですが、
以前からその動きが気になっていました。


左から HDD1 HDD2 HDD3 HDD4 のアクセスランプが明滅するのですが、
CG-HDC4EU3500 へのファイル書き込み、読み込み、どちらにしても、
HDD3 HDD4へのアクセスが異様にすくないのです。
(動画はファイル書き込み時の様子で、HDD1とHDD2は常にアクセス
ランプが点っています。一方、HDD3とHDD4はまばらです。)

HDD1 ~ HDD4 がどの順番でRAID10構成となっているのか、マニュアルには
記載されていないので推測の域を出ませんが、仮に
raid1+0.png
このような組み合わせでRAID10が構成されているとすれば、
データブロック:a,b,c,d,e,f 
の書き込みの場合、HDD1とHDD2が同時に書き込まれ、
次にHDD3とHDD4、HDD1とHDD2、HDD3とHDD4・・・
となり、見た目的には、HDD1~4のLEDがほぼ同時に明滅
するはずなのですが。。

読み込みの場合は、HDD1とHDD3があればよいので、
二つのHDDのLEDのみが明滅するのはわかります。

う〜む[たらーっ(汗)]




CG-HDC4EU3500 の不満 [Server hardware]

Corega 4BAY RAID eSATA/USB2.0 SATA3.5インチHDDケース CG-HDC4EU3500

Corega 4BAY RAID eSATA/USB2.0 SATA3.5インチHDDケース CG-HDC4EU3500

  • 出版社/メーカー: コレガ
  • メディア: エレクトロニクス






なかなかよいのですが、当初からの不安が不満に。。

エラーがあっても、何が起こったのかわからない

のです。

あるとき、HDD ERROR LEDが点灯していたのですが、
何が発生したのか、わかりません。。

説明書によれば、「接続しているいずれかのハードディスクに
障害が発生しています。」ということですが、どのハードディスクに
どんなエラーが発生したのかわからないのです。。

幸い再起動して、LEDは消えたのですが。。。不安です。

やっぱりなぁ。。[たらーっ(汗)]



そこで・・・

ES34069-BK-180 Mini-DTX/Mini-ITX Micro Tower Chassis

ES34069-BK-180 Mini-DTX/Mini-ITX Micro Tower Chassis

  • 出版社/メーカー: Chenbro
  • メディア: 







そう、これは、Mini-ITX用の小型のタワーケースです。

なかなか優秀で、26cm x 14cm x 26cm にも関わらず

systn6057024156.jpg
このとおり、4基のハードディスクを全面から格納できるのです[るんるん]

なかなかこれに類するケースがなく、早速こちらを入手・・・と
思いきや、なかなか店頭で手に入りません。。

しかも、3.7万円〜4.5万円となかなか高価です。

そこで、


こちらで購入しUPSで送ってもらうことに。どうせ国内にも在庫はないようですし。。


本体 $200
送料 $118

ということで、最近のレートなら、28,000円ほどで手に入る予定。

心配はACアダプタの容量が180Wということ。

CPU 

インテル Boxed Intel Celeron E3200 2.40GHz 1M LGA775 BX80571E3200

インテル Boxed Intel Celeron E3200 2.40GHz 1M LGA775 BX80571E3200

  • 出版社/メーカー: インテル
  • メディア: エレクトロニクス
最大65W


HDD
最大25W ×4台=最大100W


マザーボード

インテル Boxed Intel Desk Top Board G45FC BOXDG45FC

インテル Boxed Intel Desk Top Board G45FC BOXDG45FC

  • 出版社/メーカー: インテル
  • メディア: エレクトロニクス
最大24W

ということで、合計 最大189W [あせあせ(飛び散る汗)]
危なっかしいな〜


これで、今までのLinux箱+DAS を一体化させたファイルサーバへ移行する
予定です。

そして、LinuxのRAID機能を利用しRAID10を構成する予定です。

Linux箱+DASの利点はLinux箱が故障した場合、他のLinuxマシンなどで
DASをマウントしてファイルアクセスすることができるのですが、
一体化してしまうとマウントし直すのが一苦労です。。

機器全てに代替機を用意できる場合はよいのですが、そうでない場合は
LinuxのRAID機能を利用するのが

・アベイラビリティが高い
・ログが残り障害切り分けできる
・SMART情報を利用できる
・ホットスワップできる

と、Linux箱+HDC4EU3500の場合に比べて、よいことが多そうです。
問題はパフォーマンスですが、HDC4EU3500のコントローラーもそれほど
高速ではないので、おそらく問題にはならないでしょう。。


それでは、しばし配送を待つことにします。。。

再インストール前にちょっと整理 [Server hardware]

起動できなくなってしまい、やむを得ず、再インストールです。

そこで、再インストールの前にちょっと整理してみることにしました。

要件としては、ファイルサーバとして使えればよくて

* netatalk-2.0.5
* samba-3.4

が使えて、以前は / はusbメモリを二つ使ってraid1としていたのですが、
こんな↓ちょいトラブルなどもちょくちょくあるので、

IMG_1045.JPG
# degradeしてないのに、なんか怒られる絵

もうraidはいらないかなと。。
むしろ、ちゃんと起動しているusbメモリをもう一個のusbメモリにdd
しておいた方がよいのではないかということです。

そして、以前使っていたDASは

センチュリー 裸族の二世帯住宅 CRNS35EU2

センチュリー 裸族の二世帯住宅 CRNS35EU2

  • 出版社/メーカー: センチュリー
  • メディア: エレクトロニクス

で、ポートマルチプライヤーが必須だったのですが、DASを
Corega 4BAY RAID eSATA/USB2.0 SATA3.5インチHDDケース CG-HDC4EU3500

Corega 4BAY RAID eSATA/USB2.0 SATA3.5インチHDDケース CG-HDC4EU3500

  • 出版社/メーカー: コレガ
  • メディア: エレクトロニクス
    こちらに変えて、ポートマルチプライヤーは不要となり、
    NICのチーミングもやめたので、PCI Experssも不要となったので、
    今使っている、マザーボード

    インテル Boxed Intel Desk Top Board G45FC BOXDG45FC

    インテル Boxed Intel Desk Top Board G45FC BOXDG45FC

    • 出版社/メーカー: インテル
    • メディア: エレクトロニクス
そして、PCI Expressに引っ張られて大きくなったPCのケースも
現行でなくてよくなったわけです。eSATAがついていればよいのです。

ただ、CPUは以前のatom330から

インテル Boxed Intel Celeron E3200 2.40GHz 1M LGA775 BX80571E3200

インテル Boxed Intel Celeron E3200 2.40GHz 1M LGA775 BX80571E3200

  • 出版社/メーカー: インテル
  • メディア: エレクトロニクス




へ移行したことによって大幅にファイル転送速度が向上したので
これはこのまま保持したいハードウェアです。

ケース、マザーボードはとりあえず、そのままとして、RAIDはやめておくことに
します。

では、再構築っ[るんるん]

RAIDでなければOSもubuntuでなくてもよいのですが、
もう慣れてしまったので、ubuntu9.10でいきます〜





大幅パフォーマンス向上? 早くも 二代目 Linux箱★ [Server hardware]

えーっ、というわけで、早くも2台目、二代目のLinux箱をくみ上げたところで、
恒例のベンチマークテストを行いました[るんるん]

ここで、異変?が。

初代Linux箱の時には、Xbenchでベンチマークをとろうとしても、
途中でXbenchが固まってしまい、うまくとることができませんでした。。
ところが、二代目に代わって試しにやってみると、あーら不思議、、
ちゃんと取れるではないですか〜
初代Linux箱で起こっていた現象はなんだったのかしら?

というわけで、
$ time cp コマンドでのベンチマークは卒業にします。
(実は試しに一部の項目について、time cpコマンドでの実測も行いましたが、
 Xbenchの256Kblocksの結果と大差ありませんでした。というわけで、
 手抜きします(^^;) )


さて、結果です。

◆CIFS by SAMBAの場合

Disk Test 60.81
Sequential 35.82
Uncached Write 18.97 11.64 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 93.28 52.78 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 26.28 7.69 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 98.26 49.39 MB/sec [256K blocks]
Random 201.23
Uncached Write 109.54 11.60 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 166.99 53.46 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 1014.13 7.19 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 264.94 49.16 MB/sec [256K blocks]

◆AFP by NETATALKの場合

Disk Test 72.50
Sequential 42.98
Uncached Write 20.19 12.40 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 127.06 71.89 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 34.90 10.21 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 142.78 71.76 MB/sec [256K blocks]
Random 231.45
Uncached Write 101.02 10.69 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 235.72 75.46 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 1102.05 7.81 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 447.83 83.10 MB/sec [256K blocks]

さらに、

$ hdparm -a2048 /dev/sda1

の呪文をかけると

Disk Test 88.73
Sequential 53.09
Uncached Write 21.91 13.45 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 134.22 75.94 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 61.22 17.92 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 168.82 84.85 MB/sec [256K blocks]
Random 270.00
Uncached Write 128.12 13.56 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 230.32 73.74 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 2078.31 14.73 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 457.38 84.87 MB/sec [256K blocks]

SAMBAにはこの呪文、あまり有意な差として効き目はみられませんでした。。

やはり、NETATALK(AFP)は高速ですね[ぴかぴか(新しい)]


初代Linux箱では、
Read 50MB/sec、Write 41MB/sec(by AFP)
程度でしたから、ベンチマーク方法の差を加味しても、
高速化したのではないでしょうか。

結論としては、高速なCPUを使えば、ちゃんと対応して、
ファイル転送速度も向上するという、あたりまえといえば
あたりまえな結果です。


ちなみに、Time CapsuleでもXbenchやってみました。
結果はこちら。

Disk Test 18.82
Sequential 11.85
Uncached Write 4.98 3.06 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 18.91 10.70 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 15.11 4.42 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 56.02 28.16 MB/sec [256K blocks]
Random 45.71
Uncached Write 21.89 2.32 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 46.42 14.86 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 78.05 0.55 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 133.95 24.86 MB/sec [256K blocks]

同じAFPとは思えないほどですが。。[たらーっ(汗)]
こんなものなのでしょうか・・・


さて

$ hdparm -a2048 /dev/sda1

この呪文ですが。再起動すると効き目が無くなってしまいます。

そこで、

/etc/rc.local


/sbin/hdparm -a2048 /dev/sda1

と書き込んでおきます。

これで、再起動しても、毎回このオプションが適用されます[晴れ]



Linux箱バージョン2 ファイル共有のパフォーマンス向上を目指して [Server hardware]

ベンチマークをたびたび繰り返してきたLinux箱ですが、ファイル転送速度が

Read 50MB/sec、Write 41MB/sec(by AFP)

を超えられそうにないので、Linux箱それ自体のパフォーマンス向上を目指すことにします。


Linux箱はAtom330ベースでした。Atom系はマザーボードに
直付けですので、CPU単体の交換はできません。
したがいまして、マザーボードとCPUを交換することにします[たらーっ(汗)]


まずマザーボードですが、
Linux箱

インテル Boxed Intel Board D945GCLF2 Atom330 1.6GHz 1MB FSB533 Diamondville2 BOXD945GCLF2

インテル Boxed Intel Board D945GCLF2 Atom330 1.6GHz 1MB FSB533 Diamondville2 BOXD945GCLF2

  • 出版社/メーカー: インテル
  • メディア: エレクトロニクス

こちらから・・・

Linux箱ばーじょん2
インテル Boxed Intel Desk Top Board G45FC BOXDG45FC

インテル Boxed Intel Desk Top Board G45FC BOXDG45FC

  • 出版社/メーカー: インテル
  • メディア: エレクトロニクス








こちらへ。

詳細

CPUはCeleron Dual Core 2.4GHz(E3200をチョイス。

このマザーボードはなかなか優秀で、
オンボードでeSATA,PCI express x1,RAID機能など盛りだくさんです。

またCPUもLGA775ベースで選択できますから、さらにパフォーマンス向上を
図ることもかのうです(^^;)

G45Expressチップセットは一応、ポートマルチプライヤ&RAIDに対応していると
いうことですが、またfiono330の時のようなこともないとはいえませんので、、
PCI expressも必須としてチョイスです。

先に、PCI expressなeSATAボードも買っておきます。

玄人志向 インターフェースボード SERIALATA2-RAID SiI3132 SATA2RE2-PCIE

玄人志向 インターフェースボード SERIALATA2-RAID SiI3132 SATA2RE2-PCIE

  • 出版社/メーカー: 玄人志向
  • メディア: エレクトロニクス

メモリも1GBから2GBに若干容量を増やしました。

そして、マザーボードなどなどの交換です。

しかし、この筐体、せまいです[たらーっ(汗)]
もれなく電源を取り外さないとマザーボードの取り外し、
取り付けができません(^^;)
できるだけ小型で、ロープロファイルのPCIボードを取り付け
られる筐体を選んだのでしかたないことですが。。。


Linux箱.jpg
今回もこの筐体でいきます〜


マザーボードにCPUをとりつけたところ。
IMG_0566.jpg

CPUというか、FAN大きくないですが、、(^^;)

この筐体にCD-ROMドライブなどを組み込む予定がないので、
マザーボードへの電源供給用のケーブル以外切断して、
すこしでも筐体内部に空間的な余裕をつくりました。


IMG_0563.jpg

ほぼ根本からばっさりいきました[目]

見た目はまったく同じ、Linux箱ばーじょん2ができあがり〜[ぴかぴか(新しい)]

CPUが大幅にパフォーマンス向上しているので、期待できるかも[グッド(上向き矢印)]



ところで、今のLinux箱(&RAID箱)はこんなぐあいです。。 [Server hardware]

ベンチマークを取り続けるのはいいのですが、覚えているうちに
Linux箱と呼んでいるファイルサーバのスペックを整理しておきます[あせあせ(飛び散る汗)]

ひょんなことから、くみ上げられてしまった、Linux箱ですが。。

この子↓がLinux箱です・・

Linux箱.jpg

かわいくないですが、比較的コンパクトなので許します。

本当はもっとコンパクトなこの子↓がLinux箱になる予定だったのですが。。

Funtwist Fiono330
Fiono330.jpg

BIOSの問題で挫折中。
メーカーのFuntwistにメールで問い合わせていますが、音沙汰なしです[たらーっ(汗)]


さて、このLinux箱はRAID箱と勝手に呼んでいる

センチュリー 裸族の二世帯住宅 CRNS35EU2

センチュリー 裸族の二世帯住宅 CRNS35EU2

  • 出版社/メーカー: センチュリー
  • メディア: エレクトロニクス







この子とeSATAでつなげられています。
あぁ、やっぱり名前が恥ずかしい[たらーっ(汗)]


なぜ、こんなことになってしまったかの顛末は、以前書いた通りですが、
早い話が、この子↓が急逝してしまい、その後継というわけです。。

I-O DATA ミラーリング/ストライピング対応 LAN接続ハードディスク 500GB×2 HDL2-G1.0

I-O DATA ミラーリング/ストライピング対応 LAN接続ハードディスク 500GB×2 HDL2-G1.0

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • メディア: エレクトロニクス


名前は恥ずかしいCRNS35EU2はかなりお手軽にハードウェアRAIDが
組め、eSATAまたはUSBで他のコンピュータと接続できます。

他のサイトでもレビューされているように、

* eSATAコネクタがゆるゆる
* LEDがまぶしすぎる[晴れ]

などちょっとした不都合はありますが、今のところ問題なしです♪

* 上段のHDD自体かコネクタが故障しやすい?

というコメントがやや気になるところですが、今のところ、わたくしの
環境では故障していません。

USBでもつなげられることで、たとえLinux箱が急逝しても、最悪
USB接続で中のデータをすぐに取り出せます[黒ハート]


さて、冒頭のLinux箱の話にもどりまして・・・Linux箱のスペックですが、

M/Bはこちらで、CPUはオンボードでAtomo330 1.6GHz

インテル Boxed Intel Board D945GCLF2 Atom330 1.6GHz 1MB FSB533 Diamondville2 BOXD945GCLF2

インテル Boxed Intel Board D945GCLF2 Atom330 1.6GHz 1MB FSB533 Diamondville2 BOXD945GCLF2

  • 出版社/メーカー: インテル
  • メディア: エレクトロニクス

メモリは今のところ、1GB

PCIスロットには
玄人志向 インターフェースボード SATA2EI3-LPPCI

玄人志向 インターフェースボード SATA2EI3-LPPCI

  • 出版社/メーカー: 玄人志向
  • メディア: エレクトロニクス
こちらのSATA/eSATAボードはSiliconimage社のチップ(3124)が使われており、
最近のLinuxディストリビューションや最新のFreeBSDなどではたいてい自動的に
認識されるようです[揺れるハート]
実際、Ubuntu9.04,Fedora11,Openfiler2.3,FeeNAS0.7RC2などではなにも
しなくても認識されました。

で、HDDはつけておらず、こちら↓のUSBメモリを2つUSBスロットにさしています。
BUFFALO マイクロUSBメモリー ブラック 4GB RUF2-PS4G-BK

BUFFALO マイクロUSBメモリー ブラック 4GB RUF2-PS4G-BK

  • 出版社/メーカー: バッファロー
  • メディア: エレクトロニクス
で、なぜ、2つかと申しますと、それでRAID1を組んで運用しているからです。
実売1400えん位ですので、コストパフォーマンス的にもまずまずでは[るんるん]

あえて白と黒の2色で運用しています。
これは、抜き差ししていると見分けがつかなって引き起こす事故防止です[あせあせ(飛び散る汗)]

イーサネットはオンボードのRealtek1Gものです。

電源はケース付属のもので、一抹の不安があります。。[たらーっ(汗)]
個人的な感想では連続運用していて、故障しやすいのはHDDよりもむしろ、
電源のような気がしています。
HDDが本当にとんだ経験は一度もなく、電源は2度3度、故障し、
憂き目にあっています、、かなーり昔なので、21世紀の電源事情は
変わっているかもしれませんが。。


さて、こんなLinux箱にRAID箱がつながれています。
箱自体は、、、上でご披露したとおりですが、肝心のHDDは
こちら↓が2つはいています[るんるん][るんるん]
500GBプラッタ、32MBキャッシュに引かれて買ってしまったのですが、
方々で故障の報告があがっていますね[たらーっ(汗)]
今のところ、なんともありませんが、大丈夫でしょうか。。

とまあ、すべてはHDL2-G1.0の故障から始まったわけですが、
ずいぶん大げさなことになってきちゃいましたね。。[目]



RAID箱用HDD購入 ☆ [Server hardware]

UbuntuをLinux箱に無事インストールするところまで
終わり、

(USBメモリ)→(Linux箱)- eSATA -(RAID箱)

こんな構成で、ちゃーんと動くようになりました(^_^)v

UbuntuはUSBメモリにインストールし、
RAID箱は完全にデータのみの保存先として利用します。

ここらで、RAID箱用のHDDの調達です。
いままでは例の故障したHDDをとりあえず入れてました。

価格的にこなれていてる1TBクラスを探します ♪

このあたりが、すてきです☆

Seagate 3.5インチ内蔵HDD 1.5TB 7200rpm S-ATA/300 32MB ST31500341AS

Seagate 3.5インチ内蔵HDD 1.5TB 7200rpm S-ATA/300 32MB ST31500341AS

  • 出版社/メーカー: Seagate
  • メディア: エレクトロニクス








こちらの、1TB版を2個購入 ♪♪
500GBプラッタで期待できます。

HDDをRAID箱に挿入し、Mirroringに設定し、
電源ON〜

ちゃんと認識されてて、/dev/sdcが増えました☆

fdiskで全量を1パーティションとして切り、
あとは適当にマウントします。

成功☆(^0^)




Linux箱 りべんじ ☆ ディスクレス、USBメモリにLinuxをいれちゃいます ♪ [Server hardware]

前回はうかつにも失敗してしまいました。

Fiono330 よかったんですけどね〜

最近のハードウェア事情をよく知らずに、楽観的なチョイスを
してしまったようです。

この反省から、今回は、もう少しだけ慎重にハードウェアを
選びます。

前回の調査から、希望をすべて満たす、ベアボーンPCがない
ことは承知しています。

ですから、この際、ベアボーンという条件を外して、
マザーボード選びからです。

う〜ん。ちょっとしんどくなってきたな〜(^^;)

10年前なら、平気だったんですけどね。。

コンパクトに収まってほしいので、Mini-ITX以下が
希望です。
ところが、オンボードでeSATAって乗ってないんですね。。

玄人志向 eSATA変換ケーブル eSATA-SATA/2P

玄人志向 eSATA変換ケーブル eSATA-SATA/2P

  • 出版社/メーカー: 玄人志向
  • メディア: エレクトロニクス
こんな感じで、SATAを引き出すのも手ですが、
またポートマルチプライヤへの対応可否をマザーボードとBIOS
についてチェックが必要になります。

面倒なので、Linuxで実績のあるチップが乗っているeSATAカードを
探します。

Siliconimageは比較的実績が多いですね。
3124あたりを使っている、eSATAカードを探せばよいわけです。

このあたりとかが手頃です。

玄人志向 インターフェースボード SATA2EI3-LPPCI

玄人志向 インターフェースボード SATA2EI3-LPPCI

  • 出版社/メーカー: 玄人志向
  • メディア: エレクトロニクス






ところで、SATAIIの転送速度って、300MB/secでしたっけ?

PCIって、133MB/secですよね?

おっと、これでは、PCIバスがボトルネックになりますね。

PCI Expressx1で250MB/sec
PCI Express2.0x1で500MB/sec

ということで、PCI Express2.0がマザーボードの必要条件と
なりました。

整理します。

1.PCI Express2.0に対応している
2.1000BaseTに対応している
3.低消費電力(Atomとか)
4.コンパクト(Mini-ITX以下)

がマザーボードの必要条件です。

さらに、コンパクトがコンセプトでしたから、ケースが
コンパクトでなくてはなりません。

ふ〜。意外とないんですね。

ケースも、マザーボードも。
Fiono330が6つぶんくらいのよくあるShuttle製のの
ケースならば入りますが、大きすぎます。
せめてその1/3です。

また、マザーボードも1〜4をすべて満たしたものが
ありません(;;)

どこかで妥協しなければなりません。

1について妥協することにします。

というのも、HDDの速度は速くても150〜200MB/sec程度でしょう。
これをRAID1構成したら、確実に転送速度は落ちます。
であれば、PCIの133MB/secでもなんとかしのげるかもしれません。

逆に、2や4は譲れません。

ということで、


インテル Boxed Intel Board D945GCLF2 Atom330 1.6GHz 1MB FSB533 Diamondville2 BOXD945GCLF2

インテル Boxed Intel Board D945GCLF2 Atom330 1.6GHz 1MB FSB533 Diamondville2 BOXD945GCLF2

  • 出版社/メーカー: インテル
  • メディア: エレクトロニクス







こちらをお買い上げです。
正確には、後継機の D945GCCLF2D ですが。

ケースは、こちら。

IMG_0312.jpg

写真だとサイズ、よくわかりませんよね(^^;)

22.5x22x9cm くらいです。
Fiono330 が 19.5x13.5x6cm くらいでしたので、容積比では
3倍ほどになります。

かなり小さめなので、マザーボードを組み入れるのも一苦労です。
一旦、電源をとりはずしてから、マザーボードを組み入れます。

干渉気味です。

問題なく、完成し、Fedora11もセットアップです。

このケース、ちゃーんと、SDカードスロットがついているのですが、
SDカードが結構はみ出ることもあって、最近出てきた小型のUSBメモリに
インストールします。

これをフロントのUSBポートにさします。

BUFFALO マイクロUSBメモリー ブラックモデル RMUM-4G/BK

BUFFALO マイクロUSBメモリー ブラックモデル RMUM-4G/BK

  • 出版社/メーカー: バッファロー
  • メディア: エレクトロニクス
ここへ、Fedora11のインストール☆

インストール時点で、RAID箱とつないでおいたのですが、
しっかりRAID箱のHDD二つがしっかりと認識されています。

Fedora11は標準インストールのままでいくと、
かなり容量を必要とするので4GBでは足りませんでした。
適当にインストールするアプリケーションを削ります。

そして、無事、
へインストールも完了☆

おつかれさまでしたー♪♪

RAID箱の次はLinux箱 ☆ [Server hardware]

それは、そうでしょう〜

だって、RAID箱だけでは動きませんから。
ま。Windows箱でもよかったのですが、
モニタ・キーボード・マウスレス、でかつ、
sshなどでリモートメンテできることを考えると、
やはり、Linuxということに。

昔とちがって、最近はハードウェアがLinuxに
対応しているかどうかほとんど悩む必要がなくなり
楽になったものです。

コンセプトは、
・コンパクトに
・エコに
・速く
・お安く
・簡単に(できればベアボーンで)

条件として、
・eSATAつかえる
・1000BaseT対応
・SDカードスロットがついていて、
 SDカードからブートできる
です。

そんなわたくしのお眼鏡にかなったのは、
FunTwistのFiono330です。

FunTwist ベアーボーン ブラック Fiono330

FunTwist ベアーボーン ブラック Fiono330

  • 出版社/メーカー: Fun Twist
  • メディア: エレクトロニクス

FunTwist

Fiono330

かなーりコンパクトです。
ベアボーンが日本でも出回っており、2万円少々で買えます。
逆にすべての条件を満たしているのは、これ以外には見あたり
ませんでした ♪

最近流行?のAtom330+IONの組み合わせらしいです。

メモリを刺すだけで、くみ上げ?完了です。

うしろはこんな感じ↓
IMG_0310.jpg

よこがお↓ SDカードがささります♪
IMG_0311.jpg


ディスクレスでいきます♪

外付けのUSBドライブにFedora11のDVDをいれて、
DVDブートし、SDカードにインストールです。
ちなみに、Fedora11のISOイメージはダウンロードして、
MacBookでやきやき。

RAID箱にはとりあえず、例の、HDL2-Gでつかっていた
HDDを入れてみます。
文字通り、入れるだけでできあがり。

HDD入れる前↓
IMG_0309.jpg


HDD入れたあと↓
IMG_0308.jpg
あとは、ふたをしめるだけ。

そして、
eSATAケーブルでLinux箱とつなぎ、RAID箱、Linux箱を起動します。

あら?

RAID箱のHDDが1個しか認識されません。

RAID箱はとりあえず、まだRAID化せずに、HDD2台として
認識させる、Standardモードにしてあります。

う〜ん。

Fiono330のBIOSをくまなくいじりますが、BIOS上でも
HDDは1台しか認識されません。
他のHDDと取り替えても、同じ現象です。

さてさて困りました。

肝心のLinux箱がこれでは。

調べました。調べまくりました。

しかし、マイナー?なメーカーの上、そこにLinuxを入れて、
さらにeSATAを使おうなんていう、先走った方は少ないようです(^^;)

数少ない情報からは、どうやらBIOSの不具合らしいと。
そのアップデートも未定と。
AHCIののに問題があって、ポートマルチプライヤが利用できないようです。


すてきなハードだっただけに、残念でしかたありません(;;)

これは逆立ちしても、どうにもなりませんから、いったん
あきらめて、他のLinux箱をさがすことにします☆


RAID箱買いました ♪ [Server hardware]

HDL2-G のRAID崩壊から得られた教訓。

1.ファンレスな機器を暑いところに置かない
2.システム領域とデータ領域は分ける
3.データ領域単体でRAID1化しておく

というわけで、恥ずかしい名前のRAID箱を買ってしまいました(^^;)


センチュリー 裸族の二世帯住宅 CRNS35EU2

センチュリー 裸族の二世帯住宅 CRNS35EU2

  • 出版社/メーカー: センチュリー
  • メディア: エレクトロニクス






USB接続とeSATA接続ができるすぐれっこです ♪

LAN接続できる子もいたのですが、やめておきました。

これなら、Time CapsuleにUSB接続してもいいですし、
Macに直接でもつなげられます。

と。

買ってから、eSATAを調べてみると、
すごいじゃないの!

USB 2.0の転送速度:480Mbps
に対して、
eSATA の転送速度:3Gbps

文字通り桁違いなeSATAにひとめぼれです(*^^*)

eSATAでつなぎたくなってきてしまいました。。
なにせ、高速なものに弱いので(^^;)



読めなくなったHDDの修復 [Server hardware]

さて、HDL2-Gから取り出したHDD ↓ ですが、

IMG_0307.jpg


マウントしようとしても

Bad magic number in super-block while trying to open /dev/hdc6

などとおこられてしまいます。

magic number・・・さて、なんでしたっけ?(^^;)
よくわかりませんが、とにかく、super-blockに書き込まれている
magic numberが違ってるから、だめよーん。と言われているようです。

Webで検索してみると、fsckコマンドなどで、じみーちに修復するしか
なさそうです。

fsckを走らせたりしてみましたが、案の定だめです。
それもそのはずで、RAIDで構成されているので、無理もありません。



2010.4.28追記
当時はよく知らなかったのですが、これはLinuxでソフトウェアRAIDを構成した際に
変更されるsuper-blockのことだと思われます。
mdadmで再度RAIDを構成してあげてから、

mdadm --misc --zero-superblock /dev/sd[abcd]1

などとするとsuper-blockを初期化できます。。



もういちど、HDL2-G にもどして、起動してみます。

前回は、緑色のステータスランプが明滅して、システムが起動しませんでした。

が、なんということでしょう〜♪

赤ランプが明滅しています!

IMG_0322.jpg

試しに、ブラウザからアクセスしてみます。

わっ!やった。つながりました。。

そして、、、

hokaichu.png

状態:崩壊
HDD1:接続済
HDD2:未接続

ですって。

RAID1を2台のHDDで構成している場合って、1台が故障しても
残りの1台でサービス継続されるのでは。。。?

ブラウザの管理画面にはつながるようになりましたが、
依然、ファイル共有サービスは復活しません(^^;)

HDD2が未接続ということは、故障していない同じ型番のHDDを
入れてあげれば、リカバリされるのでしょうか??

とりいそぎ、Amazonで調達です。

Seagate 3.5インチ内蔵HDD 500GB 7200rpm S-ATA/300 32MB ST3500320AS

Seagate 3.5インチ内蔵HDD 500GB 7200rpm S-ATA/300 32MB ST3500320AS

  • 出版社/メーカー: Seagate
  • メディア: エレクトロニクス
とおもいきや、欠品です。

ということで、型番で検索して、いちばん安いサイトから購入。

残念ながらHDDの修復とはならず、1台は故障が確定です(^^;)
もう1台は、購入したHDDとペアでRAIDを再構築するために、
大切にとっておきます ♪



Server hardware ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。