So-net無料ブログ作成
エステ
IO DATA HDL2-G ブログトップ

HDL2-G にntpをいれるとネットワークが止まる?! [IO DATA HDL2-G]

理由不明で、ローカルネットワークが麻痺する事態に陥って、
ひとつひとつひもといてゆくと、どうやら、HDL2-Gに入れた、
ntpクライアントが原因のような。。。

試しにしばらく止めて様子をみます。


おかげで、パケットアナライザを入れるハメになりました。

HDL2-G でapt-getできるようにする [IO DATA HDL2-G]

HDL2-Gにzabbix-agentを入れたくて、apt-getできるようにしてみます。

標準構成では、varはtmpfsで作られているので、これを/に移動し保存可能にします。

#  mount -o rw,remount /
# mkdir var2
# cp -a /var/* /var2/
# rm -rf /var
# mv var2 var

ここで再起動。

まず、dpkgを使えるようにします。
そのために、不足しているファイル、ディレクトリを作ります。

# mkdir -p /var/lib/apt/lists/partial
# mkdir -p /var/cache/apt/archives/partial
# mkdir -p /var/lib/dpkg/updates
# mkdir -p /var/lib/dpkg/info
# touch /var/lib/dpkg/available
# touch /var/lib/dpkg/status
# touch /var/lib/dpkg/diversions

次に、dpkgをアップデートします。
(しないと、 zlib1gのインストールでエラーがでます)


と、その前に、この先でも必要になるパッケージを先にダウンロードしておきます。




多いので、シェルスクリプトにして、ダウンロードしてください。


パッケージのダウンロードが終わったら、dpkgをアップデートします。

# dpkg -i tzdata_2008e-1etch3_all.deb
# dpkg -i libc6_2.3.6.ds1-13etch10_arm.deb 

# dpkg -i libattr1_2.4.32-1_arm.deb 

# dpkg -i libsepol1_1.14-2_arm.deb
# dpkg -i libselinux1_1.32-3_arm.deb 

# dpk -i libacl1_2.2.41-1_arm.deb

# dpkg -i coreutils_5.97-5.3_arm.deb

# dpkg -i dpkg_1.13.26_arm.deb 

(データベースを読み込んでいます ... 現在 2537 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(dpkg_1.13.26_arm.deb から) dpkg を展開しています...
dpkg (1.13.26) を設定しています ...

設定ファイル `/etc/dpkg/dpkg.cfg'
 ==> あなたかスクリプトによって設定ファイルが作成されています。
 ==> パッケージメンテナが提供するパッケージにもこのファイルが存在します。
   どうしますか? 以下の選択肢があります:
    Y か I  : パッケージメンテナのバージョンをインストールする
    N か O  : 現在インストールされている自分のバージョンを残す
      D     : 両バージョンの差異を表示する
      Z     : この処理をバックグラウンドにし、状況を確認する
 デフォルトでは現在使っている自分のバージョンを残します。
*** dpkg.cfg (Y/I/N/O/D/Z) [デフォルト=N] ? N


dpkgのアップデートは、完了です。


次に、aptをインストールします。


# dpkg -i tzdata_2008e-1etch3_all.deb
# dpkg -i libc6_2.3.6.ds1-13etch10_arm.deb 

# dpkg -i libc6_2.3.6.ds1-13etch10_arm.deb 
# dpkg -i libgcc1_4.1.1-21_arm.deb

# dpkg -i libstdc++6_4.1.1-21_arm.deb

# dpkg -i zlib1g_1.2.3-13_arm.deb
# dpkg -i gpgv_1.4.6-2_arm.deb

# dpkg -i libbz2-1.0_1.0.3-6_arm.deb

# dpkg -i libgpg-error0_1.4-1_arm.deb
# dpkg -i libgcrypt11_1.2.3-2_arm.deb 
# dpkg -i liblzo1_1.08-3_arm.deb 
# dpkg -i libopencdk8_0.5.9-2_arm.deb 
# dpkg -i libtasn1-3_0.3.6-2_arm.deb 
# dpkg -i libgnutls13_1.4.4-3+etch5_arm.deb
# dpkg -i libdb4.2_4.2.52+dfsg-2_arm.deb
# dpkg -i libsasl2-2_2.1.22.dfsg1-8+etch1_arm.deb
# dpkg -i libldap2_2.1.30-13.3_arm.deb

# dpkg -i libncurses5_5.5-5_arm.deb 
# dpkg -i readline-common_5.2-2_all.deb 
# dpkg -i libreadline5_5.2-2_arm.deb

# dpkg -i libusb-0.1-4_0.1.12-5_arm.deb 

# dpkg -i base-passwd_3.5.11_arm.deb 
未選択パッケージ base-passwd を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 2875 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(base-passwd_3.5.11_arm.deb から) base-passwd を展開しています...
base-passwd (3.5.11) を設定しています ...

update-passwd has found some differences between your system accounts
and the current Debian defaults. It is advisable to allow update-passwd
to change your system; without those changes some packages might not work
correctly.  For more documentation on the Debian account policies please
see /usr/share/doc/base-passwd/README.

The list of proposed changes is:

Removing group "nobody" (99)
Changing gid of sync from 99 (ABSENT) to 65534 (nogroup)
Changing uid of nobody from 99 to 65534
Changing gid of nobody from 99 (ABSENT) to 65534 (nogroup)
Would commit 4 changes

It is highly recommended that you allow update-passwd to make these changes
(a backup file of modified files is made with the extension .org so you can
always restore the current settings).

May I update your system? [Y/n] n

Okay, I will not update your system. If you want to make this update later
please check the update-passwd utility.

landisk:/mnt/usb2/apt# dpkg -i makedev_2.3.1-83_all.deb 

landisk:/mnt/usb2/apt# dpkg -i gnupg_1.4.6-2_arm.deb 

landisk:/mnt/usb2/apt# dpkg -i debian-archive-keyring_2009.01.31_all.deb 
未選択パッケージ debian-archive-keyring を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 2974 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(debian-archive-keyring_2009.01.31_all.deb から) debian-archive-keyring を展開しています...
debian-archive-keyring (2009.01.31) を設定しています ...
gpg: key 6070D3A1: "Debian Archive Automatic Signing Key (4.0/etch) <ftpmaster@debian.org>" not changed
gpg: key ADB11277: "Etch Stable Release Key <debian-release@lists.debian.org>" not changed
gpg: key BBE55AB3: "Debian-Volatile Archive Automatic Signing Key (4.0/etch)" not changed
gpg: key F42584E6: public key "Lenny Stable Release Key <debian-release@lists.debian.org>" imported
gpg: key 55BE302B: public key "Debian Archive Automatic Signing Key (5.0/lenny) <ftpmaster@debian.org>" imported
gpg: key 6D849617: public key "Debian-Volatile Archive Automatic Signing Key (5.0/lenny)" imported
gpg: Total number processed: 6
gpg:               imported: 3  (RSA: 2)
gpg:              unchanged: 3
gpg: no ultimately trusted keys found

# dpkg -i apt_0.6.46.4-0.1+etch1_arm.deb 

以上で、apt のインストールは完了です。

これで、HDL2-Gでapt-getが使えるようになりました[ぴかぴか(新しい)]

# apt-get install zabbix-agent
で、無事zabbix-agentがインストールされ、HDL2-Gの動きを常にチェックできるようになりました[るんるん]

ふつーのetchとは構成が異なるので、一部おかしなところもありますが、zabbix-agentの動きは
おおむね良好です。



HDL2-G をベンチマークしてみる [IO DATA HDL2-G]


I-O DATA ミラーリング/ストライピング対応 LAN接続ハードディスク 500GB×2 HDL2-G1.0

I-O DATA ミラーリング/ストライピング対応 LAN接続ハードディスク 500GB×2 HDL2-G1.0

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • メディア: エレクトロニクス


まぁ、HDL2-G(↑)が遅いのはわかっているのですが、どのくらい遅いか記録まで。

スクリーンショット(2010-04-14 0.52.11).png
afpですが、

Write 4MB/sec
Read 8.9MB/sec

交換して入れたHDDは
Seagate 3.5インチ内蔵HDD 1TB 7200rpm S-ATAII 32MB ST31000528AS

Seagate 3.5インチ内蔵HDD 1TB 7200rpm S-ATAII 32MB ST31000528AS

  • 出版社/メーカー: Seagate
  • メディア: エレクトロニクス
ですから、ローカルでW/R ともにローカルで100MB/secくらいはでますから、
ひどいですね。。。

ためしに、、

# hdparm -tT /dev/hda

/dev/hda:
 Timing cached reads:   138 MB in  2.02 seconds =  68.32 MB/sec
 Timing buffered disk reads:   60 MB in  3.00 seconds =  20.00 MB/sec

う〜ん、MPUが遅いからですね〜



# cat /proc/cpuinfo

Processor       : FA526id(wb) rev 1 (v4l)
BogoMIPS        : 230.19
Features        : swp half 
CPU implementer : 0x66
CPU architecture: 4
CPU variant     : 0x0
CPU part        : 0x526
CPU revision    : 1
Cache type      : write-back
Cache clean     : cp15 c7 ops
Cache lockdown  : format B
Cache format    : Harvard
I size          : 16384
I assoc         : 2
I line length   : 16
I sets          : 512
D size          : 8192
D assoc         : 2
D line length   : 16
D sets          : 256

Hardware        : GeminiA
Revision        : 0000
Serial          : 0000000000000000

詳細はこちら↓

ちなみに、ES34069にのせているCPUはE3200で、

# cat /proc/cpuinfo 

processor : 0
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 23
model name : Intel(R) Celeron(R) CPU        E3200  @ 2.40GHz
stepping : 10
cpu MHz : 1200.000
cache size : 1024 KB
physical id : 0
siblings : 2
core id : 0
cpu cores : 2
apicid : 0
initial apicid : 0
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 13
wp : yes
flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe syscall nx lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts rep_good pni dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr pdcm xsave lahf_lm tpr_shadow vnmi flexpriority
bogomips : 4800.85
clflush size : 64
cache_alignment : 64
address sizes : 36 bits physical, 48 bits virtual
power management:

processor : 1
vendor_id : GenuineIntel
cpu family : 6
model : 23
model name : Intel(R) Celeron(R) CPU        E3200  @ 2.40GHz
stepping : 10
cpu MHz : 1200.000
cache size : 1024 KB
physical id : 0
siblings : 2
core id : 1
cpu cores : 2
apicid : 1
initial apicid : 1
fpu : yes
fpu_exception : yes
cpuid level : 13
wp : yes
flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe syscall nx lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts rep_good pni dtes64 monitor ds_cpl vmx est tm2 ssse3 cx16 xtpr pdcm xsave lahf_lm tpr_shadow vnmi flexpriority
bogomips : 4800.26
clflush size : 64
cache_alignment : 64
address sizes : 36 bits physical, 48 bits virtual


と、bogomipsでFA526はE3200の 1/40 くらいですから、遅いのもうなずけます。

HDL2-G でsshログイン出来るようにする [IO DATA HDL2-G]

前回は故障したこちら↓
I-O DATA ミラーリング/ストライピング対応 LAN接続ハードディスク 500GB×2 HDL2-G1.0

I-O DATA ミラーリング/ストライピング対応 LAN接続ハードディスク 500GB×2 HDL2-G1.0

こちらに仕立て上げました。

次は、いろいろいぢるために、sshでログイン出来るようにします。

簡単です。


前回と同じく、HDDを取り出して、Linuxマシンに
タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25

タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25

  • 出版社/メーカー: タイムリー
  • メディア: エレクトロニクス
これなんかで、接続し、マウントし、読み書きできるようにします。

# mount -t ext3 /dev/sdc2 /media/usdc2

(sdc2, /media/usdc2 などは適宜読み替えてください。)

では、早速。

/etcをながめているとわかりますが、けっこういろいろ標準で入っています。
sshもそのひとつ。

標準ではランレベル2で起動されるようなので、rc2.dディレクトリのファイルを
編集します。

# mv /media/usdc2/etc/rc2.d/K20ssh /media/usdc2/etc/rc2.d/S20ssh


まずはrootでログインしたいので、パスワードファイルを編集します。

# vi /media/usdc2/etc/shadow

: で隔てられた1ブロック目がユーザー名です。
2ブロック目が暗号化されたパスワードですが、HDL2-Gにログイン出来る
ユーザーのパスワードをコピーしてrootのパスワードブロックにコピーします。

HDD2台について、同じ処理を行います。
これでOK。

ログイン出来ました[るんるん]


HDL2-G1.0を2.0にする。つまりハードディスクを交換して増量します。 [IO DATA HDL2-G]

ターゲットはこちら

I-O DATA ミラーリング/ストライピング対応 LAN接続ハードディスク 500GB×2 HDL2-G1.0

I-O DATA ミラーリング/ストライピング対応 LAN接続ハードディスク 500GB×2 HDL2-G1.0

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • メディア: エレクトロニクス
で、どういうことかといいますと、

HDL2-G1.0は500GBのHDD x 2基で、合計1.0TB なわけで、
それを1.0TBのHDD x 2基で、合計2.0TB にしようというわけです。

以前ブログに書きましたが、夏を乗り切れず、おそらく熱で
HDD1基が故障して以来、ず〜っと、放置していました。。

それを復活させて、ちょっといぢってみようというわけです。


そのまず復活編


ちょうど、1TBのHDDが2基余っているので、まずは、500GBの
HDDを1TBのHDDへアップグレードしようと思います。

やり方としては、故障していない、正常に起動する方の500GBの
HDDと新しい1TBのHDDでRAID1を構築して、(そうすると、
1TBのHDDの方に500GB分のRAIDアレイがつくられます。)
データ用の領域を+500GBリサイズして、起動する1TBのHDDを
つくり、500GBのHDDを抜いてさらに新しい1TBのHDDを入れて
合計2TBですが、1TBx2のRAID1を構築します。



さて、それでは早速始めます。

正常に起動する500GBのHDDと新しい1TBのHDDをHDL2-Gに入れて
RAIDのリビルドをしてもらいます。。

これで、500GBのHDDの内容が新しい1TBのHDDにコピーされました。

この1TBのHDDをLinuxマシンにつなぎます。

こんなやつで。。
タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25

タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25

  • 出版社/メーカー: タイムリー
  • メディア: エレクトロニクス
# ls /dev
すると、sdcが新たに加わったことがわかるので、

# fdisk /dev/sdc
The number of cylinders for this disk is set to 121601.
There is nothing wrong with that, but this is larger than 1024,
and could in certain setups cause problems with:1) software 
that runs at boot time (e.g., old versions of LILO)2) booting 
and partitioning software from other OSs 
(e.g., DOS FDISK, OS/2 FDISK)

Command (m for help): p
Disk /dev/sdc: 1000.2 GB, 1000204883968 bytes255 heads, 
63 sectors/track, 121601 cylindersUnits = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0xa0618433
Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdc1 2 40 313267+ 83 Linux
/dev/sdc2 41 91 409657+ 83 Linux
/dev/sdc3 92 353 2104515 82 Linux swap / Solaris
/dev/sdc4 354 60788 485444137+ 5 Extended
/dev/sdc5 354 379 208844+ 83 Linux
/dev/sdc6 380 60788 485235292 83 Linux

/dev/sdc1,2,5,6を順に適当にext2でマウントしてみると、、

どうやら、
/dev/sdc1 は/boot
/dev/sdc2 は/
/dev/sdc5 はなんかごにょごにょ
/dev/sdc6 はマウントエラーで不明

fstabをみてみると、RAID1のmdデバイスとしてext3でマウント
しているようですが、sdc6関連の記述はありませんでした。。

容量的に考えて、sdc6がデータ保存用の領域と考えられますので、
この領域をリサイズすればいいと簡単に考えていたのですが、、
まず、リサイズができなくてしばらく頓挫[たらーっ(汗)]

partedでリサイズしようとしたのですが、

# parted /dev/sdc
GNU Parted 1.8.8.1.159-1e0e
Using /dev/sdc
Welcome to GNU Parted! Type 'help' to view a list of commands.

(parted) print                                                            

No Implementation: Partition 1 isn't aligned to cylinder boundaries.  
This is still unsupported.

と怒られてしまします。。


しばらく頓挫。


今回は、新しい1TBのHDDと元のHDDを両方をHDL2-Gに入れて、
クローンを作ったのですが、気分を変えて、ddでクローンを作ることに。

ということで、元のHDDもLinuxマシンにつないで、ddします。

# dd if=/dev/sdd of=/dev/sdc

dd: reading `/dev/sdd': Input/output error
6564832+0 records in
6564832+0 records out
3361193984 bytes (3.4 GB) copied, 1097.07 s, 3.1 MB/s

sddが元のHDD
sdcが新しいHDD
なんかエラーが出ていますが、気にしません[るんるん]

両方のHDDをマウントして、目視でファイルなど確認してみましたが、
一見、ちゃんとコピーできていそうです。

ここで、試しに、partedすると。。。

# parted /dev/sdc
GNU Parted 1.8.8.1.159-1e0e
Using /dev/sdc
Welcome to GNU Parted! Type 'help' to view a list of commands.

つづけて

(parted) print  
Model: ST310005 28AS (scsi)
Disk /dev/sdc: 1000GBSector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos
Number Start End Size Type File system Flags 
1 8225kB 329MB 321MB primary ext3 
2 329MB 749MB 419MB primary ext3 
3 749MB 2904MB 2155MB primary linux-swap(v1) 
4 2904MB 500GB 497GB extended 
5 2904MB 3117MB 214MB logical ext3 
6 3117MB 500GB 497GB logical xfs

な、なんと、エラーがでないではありませんか!
どのおまじない[ぴかぴか(新しい)]が効いたのかわかりませんが。。

そして、、sdc6はxfsだったのですね[たらーっ(汗)]
どうりでマウントできなかったわけです。

まずsdc4の拡張領域を拡張します。

(parted) resize 4 2904MB 1000GB
Error: Error informing the kernel about modifications to partition /dev/sdc5 
-- Device or resource busy. 
This meansLinux won't know about any changes you made to /dev/sdc5 until you reboot -- 
so you shouldn't mount it or use it inany way before rebooting.
Ignore/Cancel? Ignore

なにか言われますが、Ignoreと答えます。


確認します。

(parted) print  
Model: ST310005 28AS (scsi)
Disk /dev/sdc: 1000GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos
Number Start End Size Type File system Flags
1 8225kB 329MB 321MB primary ext3
2 329MB 749MB 419MB primary ext3
3 749MB 2904MB 2155MB primary linux-swap(v1) 
4 2904MB 1000GB 997GB extended 
5 2904MB 3117MB 214MB logical ext3 
6 3117MB 500GB 497GB logical xfs

OK広がりました。


では、sdc5はそのままでsdc6を広げます。

(parted) resize 6 3117MB 1000GB  
No Implementation: Support for opening xfs file systems is not implemented yet.

おっと!xfsは未対応でした。。

ということで、ここで終了し、fdiskで修正します。

(parted) quit  
Information: You may need to update /etc/fstab.



# fdisk /dev/sdc
The number of cylinders for this disk is set to 121601.
There is nothing wrong with that, but this is larger than 1024,
and could in certain setups cause problems with:1) software
that runs at boot time (e.g., old versions of LILO)2) booting
and partitioning software from other OSs  
(e.g., DOS FDISK, OS/2 FDISK)

Command (m for help): p

Disk /dev/sdc: 1000.2 GB, 1000204883968 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 121601 cylindersUnits = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x0006d20c  
Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/sdc1 2 40 313267+ 83 Linux
/dev/sdc2 41 91 409657+ 83 Linux
/dev/sdc3 92 353 2104515 82 Linux swap 
/ Solaris/dev/sdc4 354 121601 973924560 5 Extended
/dev/sdc5 354 379 208844+ 83 Linux
/dev/sdc6 380 60788 485235292 83 Linux


Command (m for help): d
Partition number (1-6): 6

Command (m for help): n
First cylinder (380-121601, default 380): [Enter]
Using default value 380
Last cylinder, +cylinders or +size{K,M,G} (380-121601, default 121601): [Enter]
Using default value 121601


Command (m for help): p

Disk /dev/sdc: 1000.2 GB, 1000204883968 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 121601 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0x0006d20c

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sdc1               2          40      313267+  83  Linux
/dev/sdc2              41          91      409657+  83  Linux
/dev/sdc3              92         353     2104515   82  Linux swap / Solaris
/dev/sdc4             354      121601   973924560    5  Extended
/dev/sdc5             354         379      208844+  83  Linux
/dev/sdc6             380      121601   973715683+  83  Linux

OKですが。
では、書き込みます。

Command (m for help): w
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.
Syncing disks.

partedで再度確認。

# parted /dev/sdc
GNU Parted 1.8.8.1.159-1e0eUsing /dev/sdc
Welcome to GNU Parted! Type 'help' to view a list of commands.
(parted) print  
Model: ST310005 28AS (scsi)Disk /dev/sdc: 1000GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos
Number Start End Size Type File system Flags 
1 8225kB 329MB 321MB primary ext3 
2 329MB 749MB 419MB primary ext3 
3 749MB 2904MB 2155MB primary linux-swap(v1) 
4 2904MB 1000GB 997GB extended 
5 2904MB 3117MB 214MB logical ext3 
6 3117MB 1000GB 997GB logical

あら、 はやりファイルシステムからxfsはとれてしまいましたね。。

では、sdc6をxfsでフォーマットします。

# mkfs.xfs /dev/sdc6
meta-data=/dev/sdc6              isize=256    agcount=4, agsize=60857230 blks
         =                       sectsz=512   attr=2
data     =                       bsize=4096   blocks=243428920, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0
log      =internal log           bsize=4096   blocks=32768, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=0
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0


ここまできたらもうあと一息!

ここまでで作ってきた1TBのHDDともう一つ用意した新しいHDD両方を
HDL2-Gに入れます。左右どちらでもかまいません。

そして、起動。

。。。するはずです。

赤いランプが点滅していますが、立ち上がるので、ブラウザからアクセスします。
IPアドレスやパスワードは変わっていないので、従来通りのアクセスで。

こんな感じ↓で、ディスクサイズなどが取得できていません。
2010-04-11 8.24.15.png

ここでRAID1フォーマットを行います。

すぐにおわり。。。
2010-04-11 8.47.06.png

結果、この通り、ディスクサイズが表示されるようになり、
すぐにミラーリングの再構築が始まります[揺れるハート]

あとは再構築が終わるのをまつのみ。

おつかれさまでした〜[るんるん]



修正:改行コードがあちこちで消えていたので、手動修正(2010/8/10)

HDL2-G 壊れてました。。うすうす気づいていましたが [IO DATA HDL2-G]

半年ほどまえに、いろんなデータの保存先として、
いわゆる個人用のNASを購入しまして夏前までは、
不満もありつつ、大きな問題もなく使えていました。

これです↓
RAID 0,1が手軽に組めて、なかなかのすぐれものです♪
もちろんRAID1を利用します。

I-O DATA ミラーリング/ストライピング対応 LAN接続ハードディスク 500GB×2 HDL2-G1.0

I-O DATA ミラーリング/ストライピング対応 LAN接続ハードディスク 500GB×2 HDL2-G1.0

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • メディア: エレクトロニクス
が。

3ヶ月ほど前に使おうとしたときに、なにやら
アクセスできません。
あら?と思いましたが、特に急ぎでもなかった
ので、そのままケアしないでいました。

そして先日、時間があったので、様子をみて
みると、なにやら高熱を発しています。

もともと置き場所もよろしくなかったのですが、
熱がたまっていたようです。

再起動をかけてみますが、立ち上がる気配がありません。

さてさて、困りました。

どうやら、HDDが故障してしまったようです。
RAID1で利用していたので、2台のうちの1台でも、
無事であれば、データを救い出せる可能性があります。
・・・と思います。

さっそく、HDL2-Gの上部からねじを外し、HDDを取り
出します。
かなり手軽に行えます。

ねじを取り外す前↓
IMG_0301.jpg


ねじを取り外した後↓
IMG_0302.jpg


HDDを取り外した後↓
IMG_0303.jpg
ケーブル類は一切なく、ただHDDを抜くだけです。


試しに、取り外したHDDをSATA-USB変換ツールを使って、
MacBookにつないでみます。

センチュリー 裸族3兄弟 SATA→USB変換アダプター CDSMMU2












MacBookからは「識別できない。。」とつれない反応です。
まぁ、それもそうですね。
HDL2-Gの中身はLinuxという話ですので、HDL2-Gを使う前に
使っていたLinuxのファイルサーバーを引っ張り出してきて、
つないでみます。

OS部分とデータ保存部分が別にパーティショニング
されている模様。

OS部分はちゃんと認識されて、mountもOK ♪

肝心のデータ部分のパーティションはエラーでmount
できないようです。

さてさて、また困ったことになりました(^ ^;)
あー。Linuxですか。
3年ぐらいさわっていないので、、覚えてないな〜

つづく


IO DATA HDL2-G ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。