So-net無料ブログ作成
エステ

iPhone 脱獄後の地雷アプリ [iPhone]

さまざまなサイトでiPhoneの脱獄方法やおすすめアプリの情報が数多くありますが、時として地雷を踏むことになります。。
地雷とはアプリインストール後、起動しなくなったり、調子がおかしくなりiOSの再インストールを余儀なくされることです。

そもそも自己責任で脱獄なわけですが、できることなら踏みたくない地雷。

今まで2回踏んでしまった地雷について、二度と踏まないように、メモメモ。

今回のメモは、iPhone4/iOS 5.0.1での出来事についてのメモなので、他の環境では地雷にならないこともありますのであしからず。

IMG_0089.PNG



1.SilentPatcher (International)

初めて踏んでしまった地雷です。
単純にカメラのシャッター音を消すアプリなのですが、コレを入れて再起動。。。
二度と起動しませんでした。

こうなるとどうにもなりません。
iOS再インストールです。

1)強制終了
 ホームボタン+電源ボタン 長押し
2)ホームボタンを押しながら、USBケーブルでiPhoneとMacを接続
3)あとはiTunesにしたがいましょう


2.CallBar

電話をかけた後、通話終了画面から戻らなくなり、固まります。
本来は発信・着信にまつわる便利ツールのはずですが、困ったことになります。
そして、アンインストールしても症状は治りません。

つまり。。iOS再インストールしかありません。
がんばりましょう!


3?.Pull to dismiss

テキスト入力時に落ちて再起動するようになってしましました。
アンインストールしたら、改善したかも。。


逆にインストールして問題の無いアプリメモ。

かなり便利なアプリ
TetherMe: テザリング機能を復活してくれます。インストールすると、Settings画面にPersonal Hotspotという項目が現れ、そこからテザリングのOn/Offできます。WiFi/USB/BluetoothでiPhoneの3G接続を共有できます。(有料)
ActionMenu: さまざまなアクションにアプリ起動などを割り当てられます(無料)
SBSettings: 簡単に設定切り替えやアプリを呼び出せます。(無料)
WinterBord: 見た目を自由に変更できます。(無料)

ちょっと便利なアプリ
IntelliScreenX: ロック画面に各種情報を表示できます。iOS5登場前はかなり便利だったと思われますが、今となっては。。(有料)
MarkThatMessage: Messagesに表示されるメッセージ全てに日時を表示できます。(有料)
OverBoard:ホームボタンタップ(デフォルト設定)で全てのページ(?)のサムネイルが表示されます。MacのMission Control的な機能。(有料)
WiFi Analyzer: 今や標準のApp Storeでは禁止されている。WiFi電波をリストアップする機能。(有料)
WiFi Booster: 標準では閾値以下でリストに掲載されない電波も全て掲載するアドオン。(有料)
Zephyr: マルチタスク切り替えを便利に実行できます。(有料)
Five Icon Dock: Dockにアプリを5つ入れられます。(無料)
Five-Column SpringBord:一列に5つアプリを並べられます。(無料)
Icon Renamer: アイコンの名前を変更できます。(無料)
MultiIconMover: 一度に複数のアプリを移動できます。(無料)
NTPdate: NTPサーバーに問い合わせて時刻同期ができます。(無料)
SpringFlash: ActionMenuと組み合わせて、電源ボタン2通しなどでLEDライトを点灯できます。(無料)
WetherIcon: 天気情報を任意のアイコンやステータスバーに表示できます。(無料)

そんなに便利でもなかったアプリ
AndroidLock XT: アンドロイド風のロック解除画面。一筆書きで解除するあれです。画面に跡が残るからそもそもだめじゃない??(有料)





ZoneMinderを設定する [ZoneMinder]

とりあえず動かすだけなら、簡単です。

[Add New Monitor]からMonitorを追加します。
Sourceタブをこんな感じで設定。

スクリーンショット 2012-03-28 16.19.54.png
これだけでとりあえずMonitorできるようになります。
もちろんカメラによって設定値は変わります。



ちなみに、zm*なdaemonがいくつか動いているので、その役目をメモ。

zmc: ZoneMinder Capture daemonの略。このコンポーネントはビデオデバイスからフレームを一定速度でできる限り早く取り出すことが主な役割。

zma: ZoneMinder Analysis daemonの略。キャプチャしたフレームから変化の有無を検出し、必要に応じて警告や録画を行う。

zmf: ZoneMinder Frame daemonの略。Analysis daemonと共に動くコンポーネントで、実際にキャプチャしたフレームをディスクに書き込むことが主な役割。

zms: ZoneMinder Streaming serverの略。Webのインターフェースから、リアルタイムまはた過去のストリーミングを再生するために動いている。ライブモニターストリーミングか録画再生が実際に行われている際にのみ動作し、再生が終わったり、そのWebブラウザが閉じられたら終了する。もし、再生終了後などにもまだzmsが動いているようなら、apacheにパッチが必要かも知れません。

zmu: ZoneMinder Utilityの略。いくつかの便利な機能のコマンドラインインターフェースです。

zmfix: メインのキャプチャデーモンによって読み取られるビデオデバイスファイルが存在するようにするためだけの小さな実行ファイル。起動時にデバイスファイルがrootのみ読み取り可能に設定されていることがありますが、それを適切なパーミッションに設定し直します。システム起動時に実行されて、終了します。


Ubuntu 11.10 server に ZoneMinderをインストール [ZoneMinder]


ZoneMinderとはLinuxで動作するセキュリティと監視用途のビデオカメラソリューションです。

Video4LinuxをサポートするLinuxディストリビューションで動作します。
USB接続・ネットワーク接続ともにサポートされています。
RDBはMySQLを使用し、Webのインターフェースでシステムやカメラの設定ができるだけでなく、ライブビューやイベントリプレイを表示できます。
フィルターで検出されたイベントはメールやSMSでお知らせし、ビデオや写真で確認できます。


多くの機能と設定項目がありますが、大きく分けると5つの機能があります。

Monitor: Webカメラで撮影された動画をZoneMonitorから確認できますが、画像分析は停止していますので、警告や動画の保存は行われません。

Modect: MOtion DEteCTionの略で、取得された画像は分析され、動きがあると動画が保存されます。いわゆる動体検知です。

Record: 動きにかかわらず一定期間ごとの動画を決めた回数分まで保存しておくモードです。コンビニなどに設置されている監視カメラなどと動作は似ています。動体検知は行われません。録画のみ。

Mocord: ModectとRecordのハイブリッド版です。

Nodect: 外部トリガーと共に使用する特別なモードです。外部トリガーの要求に応じて動画が保存されます。



では、まず、インストールから。
Debian, Ubuntu, Redhat にはパッケージが用意されているのでインストールも簡単です。必要な他のパッケージも自動的にインストールされます。

nullmailのところは空欄で。

# apt-get install zoneminder
# ln -s /etc/zm/apache.conf /etc/apache2/conf.d/zoneminder.conf
# apache2ctl restart
# chmod 4755 /usr/bin/zmfix
# zmfix -a
# chown www-data.www-data /var/cache/zoneminder/temp
# echo kernel.shmall = 268435456 >> /etc/sysctl.conf
# echo kernel.shmmax = 268435456 >> /etc/sysctl.conf
# sysctl -p

これでインストールは完了です。

http://(インストールしたサーバのIPアドレス)/zm/

でZoneMinderにアクセスできます。




Ubuntu 11.10 server で WEBカメラをつかう [ZoneMinder]


最近のWebカメラは大抵UVC(USB Video Class)に対応しており、LinuxではUVCドライバが提供されていますので、Plug & Play になっているはずです。

そこで、BUFFALOのWEBカメラを入手し、使ってみました。

iBUFFALO 【最高画質】 500万画素 FullHD対応 WEBカメラ ヘッドセット付 ブラック BSW50KM01HBK

iBUFFALO 【最高画質】 500万画素 FullHD対応 WEBカメラ ヘッドセット付 ブラック BSW50KM01HBK

  • 出版社/メーカー: バッファローコクヨサプライ
  • メディア: Personal Computers
仕様はこんな感じです。

■本体(カメラ部) 
インターフェースUSB2.0
映像素子1/3.2インチカラープログレッシブCMOS
フォーマット動画:MP4、WMV
静止画:JPG、BMP
有効画素数500万画素
最大解像度1920×1080ピクセル
最大フレームレート30fps
フォーカスオートフォーカス(焦点距離:6cm~∞)
ケーブル長1.5m(本体直付け)
電源USBバスパワー
本体寸法H48×W45×D72mm
重量約82.5g
■その他仕様 
パッケージ寸法W147×D62×H212mm
パッケージ重量約265g
動作環境温度5℃~40℃、湿度20%~80%(結露なきこと)
製品構成本体(ケーブル長1.5m)、片耳フックタイプヘッドセット(ケーブル長1.8m)、ユーティリティCD、マニュアル、多言語簡易マニュアル、アナグリフ用3Dメガネ


では、さっそく。

# dmesg |grep uvcvideo

[   10.265019] uvcvideo: Found UVC 1.00 device USB2.0 UVC PC Camera (1460:3290)
[   10.265088] uvcvideo: UVC non compliance - GET_DEF(PROBE) not supported. Enabling workaround.
[   10.265094] uvcvideo: Failed to query (129) UVC probe control : -19 (exp. 26).
[   10.265109] uvcvideo: Failed to initialize the device (-5).
[   10.265190] usbcore: registered new interface driver uvcvideo
[   11.240047] uvcvideo: Found UVC 1.00 device USB2.0 UVC PC Camera (1460:3290)

というわけで、なにやらFailしているところもありますが、Ubuntu 11.10では認識されています。

さらに、

# lsusb
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 004 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 005 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 006 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 007 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 008 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 009 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub
Bus 005 Device 002: ID 0cf3:3005 Atheros Communications, Inc. 
Bus 004 Device 002: ID 0472:0065 Chicony Electronics Co., Ltd PFU-65 Keyboard
Bus 004 Device 003: ID 0472:0065 Chicony Electronics Co., Ltd PFU-65 Keyboard
Bus 001 Device 004: ID 1460:3290 Tatung Co.

から、Tatung Co.が元のカメラデバイスのメーカーかもしれません。

Device ID 1460:3290 をキーワードに対応状況はこちらのサイトで確認できます。


残念ながら、1460:3290 はこちらのリストにはありませんでしたが、結果としては

現行のドライバで一部制限はありつつも使えます。

使える解像度やフレームレートなどは、

# luvcview -L
luvcview 0.2.6

init kbd.
SDL information:
  Video driver: fbcon
  Hardware surfaces are available (8100k video memory)
Device information:
  Device path:  /dev/video0
{ pixelformat = 'YUYV', description = 'YUV 4:2:2 (YUYV)' }
{ discrete: width = 640, height = 480 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 160, height = 120 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 320, height = 240 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 384, height = 216 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 352, height = 288 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ pixelformat = 'RGB3', description = 'RGB3' }
{ discrete: width = 640, height = 480 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 160, height = 120 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 320, height = 240 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 384, height = 216 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 352, height = 288 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ pixelformat = 'BGR3', description = 'BGR3' }
{ discrete: width = 640, height = 480 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 160, height = 120 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 320, height = 240 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 384, height = 216 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 352, height = 288 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ pixelformat = 'YU12', description = 'YU12' }
{ discrete: width = 640, height = 480 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 160, height = 120 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 320, height = 240 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 384, height = 216 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 352, height = 288 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ pixelformat = 'YV12', description = 'YV12' }
{ discrete: width = 640, height = 480 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 160, height = 120 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 320, height = 240 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 384, height = 216 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15, 
{ discrete: width = 352, height = 288 }
Time interval between frame: 1/30, 1/15,

から判ります。


さらに詳細な情報を得たければ、こちらが便利かも知れません。

サイバラのページ

の旧ホームページ

に便利なツールがあります。

ページ2/9の位置あたりの、ソースのダウンロードからツールを
ダウンロードして、使います。


そして、

# ./listup 0

Using camera #0
Camera : /dev/video0
Driver name     : uvcvideo
Driver Version  : 1.1.0
Device name     : USB2.0 UVC PC Camera
Bus information : usb-0000:00:12.2-1
Capabilities    : 04000001h
                      V4L2_CAP_VIDEO_CAPTURE (Video Capture) : OK
                        V4L2_CAP_VIDEO_OUTPUT (Video Output) : Not supported.
                      V4L2_CAP_VIDEO_OVERLAY (Video Overlay) : Not supported.
                      V4L2_CAP_VBI_CAPTURE (Raw VBI Capture) : Not supported.
                        V4L2_CAP_VBI_OUTPUT (Raw VBI Output) : Not supported.
            V4L2_CAP_SLICED_VBI_CAPTURE (Sliced VBI Capture) : Not supported.
              V4L2_CAP_SLICED_VBI_OUTPUT (Sliced VBI Output) : Not supported.
            V4L2_CAP_RDS_CAPTURE (Undefined.[to be defined]) : Not supported.
  V4L2_CAP_VIDEO_OUTPUT_OVERLAY (Video Output Overlay (OSD)) : Not supported.
                                      V4L2_CAP_TUNER (Tuner) : Not supported.
                    V4L2_CAP_AUDIO (Audio inputs or outputs) : Not supported.
                             V4L2_CAP_RADIO (Radio receiver) : Not supported.
                V4L2_CAP_READWRITE (Read/write() I/O method) : Not supported.
                  V4L2_CAP_ASYNCIO (Asynchronous I/O method) : Not supported.
                   V4L2_CAP_STREAMING (Streaming I/O method) : OK

Ctrl id(CID) : 00980900h (V4L2_CID_BRIGHTNESS)
Ctrl name : Brightness
Ctrl type : 1 (V4L2_CTRL_TYPE_INTEGER)
Min,Max,Step,Default : 80,215,1,128
Flags    : 00000000h
Ctrl id(CID) : 00980901h (V4L2_CID_CONTRAST)
Ctrl name : Contrast
Ctrl type : 1 (V4L2_CTRL_TYPE_INTEGER)
Min,Max,Step,Default : 30,100,1,64
Flags    : 00000000h
Ctrl id(CID) : 00980902h (V4L2_CID_SATURATION)
Ctrl name : Saturation
Ctrl type : 1 (V4L2_CTRL_TYPE_INTEGER)
Min,Max,Step,Default : 0,160,1,64
Flags    : 00000000h
Ctrl id(CID) : 00980903h (V4L2_CID_HUE)
Ctrl name : Hue
Ctrl type : 1 (V4L2_CTRL_TYPE_INTEGER)
Min,Max,Step,Default : 0,255,1,0
Flags    : 00000000h
Ctrl id(CID) : 0098090ch (V4L2_CID_AUTO_WHITE_BALANCE)
Ctrl name : White Balance Temperature, Auto
Ctrl type : 2 (V4L2_CTRL_TYPE_BOOLEAN)
Min,Max,Step,Default : 0,1,1,1
Flags    : 00000000h
Ctrl id(CID) : 00980910h (V4L2_CID_GAMMA)
Ctrl name : Gamma
Ctrl type : 1 (V4L2_CTRL_TYPE_INTEGER)
Min,Max,Step,Default : 1,16,1,1
Flags    : 00000000h
Ctrl id(CID) : 00980918h (V4L2_CID_POWER_LINE_FREQUENCY)
Ctrl name : Power Line Frequency
Ctrl type : 3 (V4L2_CTRL_TYPE_MENU)
 Menu items:
 0 : Disabled
 1 : 50 Hz
 2 : 60 Hz
Min,Max,Step,Default : 0,2,1,2
Flags    : 00000000h
Ctrl id(CID) : 0098091ah (V4L2_CID_WHITE_BALANCE_TEMPERATURE)
Ctrl name : White Balance Temperature
Ctrl type : 1 (V4L2_CTRL_TYPE_INTEGER)
Min,Max,Step,Default : 2800,7500,1,5000
Flags    : 00000000h
Ctrl id(CID) : 0098091bh (V4L2_CID_SHARPNESS)
Ctrl name : Sharpness
Ctrl type : 1 (V4L2_CTRL_TYPE_INTEGER)
Min,Max,Step,Default : 1,5,1,3
Flags    : 00000000h
Ctrl id(CID) : 0098091ch (V4L2_CID_BACKLIGHT_COMPENSATION)
Ctrl name : Backlight Compensation
Ctrl type : 1 (V4L2_CTRL_TYPE_INTEGER)
Min,Max,Step,Default : 0,10,1,0
Flags    : 00000000h
Ctrl id(CID) : 009a0901h (V4L2_CID_EXPOSURE_AUTO)
Ctrl name : Exposure, Auto
Ctrl type : 3 (V4L2_CTRL_TYPE_MENU)
 Menu items:
VIDIOC_QUERYMENU: Invalid argument

残念ながら、Image formatは表示されませんでしたが、様々な情報が得られます♪




タグ:WEB CAMERA

Ubuntu 11.10 Server でWiFi [ZOTAC ZBOX NANO-AD10]

以前購入した

ZOTAC AMD Fusion E350 APU搭載 コンパクトベアボーンPC ZBOXNANO-AD10

ZOTAC AMD Fusion E350 APU搭載 コンパクトベアボーンPC ZBOXNANO-AD10

  • 出版社/メーカー: ZOTAC
  • メディア: Personal Computers
WiFiつきなのですが、Desktop版では問題なくても、Server版のUbuntuを入れると、WiFiの起動がどうもおかしい。

wpa_supplicant が CTRL-EVENT-TERMINATING - signal 15 received といいながら、disassociateされてしまう。一度 associate された後にです。disassociateされた後は、手動でifup wlan0 で起動することもあれば、しないこともあると言う状態。。。

たぶん半月くらいのんびりとしらべていて、やっと解決??。

/etc/network/interfaces にはwiredのLAN eth0の記述もされているのですが、どうもそちらとの折り合いがわるいらしい。 eth0の記述をきれいさっぱり消すと、これまでのぐだぐだが嘘のように、きれいにWiFiが起動時から立ち上がっています。
WiredのLANは基本的に使わない予定なので、よしとしました。

wpa_supplicantの記述方法やupstartまわりもひとしきり調べて、このオチとは。。
基本的にwpa_supplicant.confを新たに書くことはせず、/etc/network/interfaces に必要なことを書いただけです。

--
# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The primary network interface
auto wlan0
iface wlan0 inet static
address 192.168.1.15
netmask 255.255.255.0
network 192.168.1.0
broadcast 192.168.1.255
gateway 192.168.1.1
dns-nameserver 192.168.1.1
wpa-ssid ***
wpa-psk  ********
--

wpa-ssid の設定では、大文字・小文字が区別されます!
これでハマりました。。 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。