So-net無料ブログ作成
エステ

Time Capsule分解の巻 [Time Capsule]

分解がしたかったのではありません。(笑)

間違って、初期化してしまい、削除してしまったファイルをサルベージするために、
やむなくTime Capsuleを分解したのです[たらーっ(汗)]

さっそくですが、

IMG_0781.jpg

Time Capsuleをひっくり返しますと、こんな感じでラバーのカバ−?が
取り付けられています。

まずはこれを剥がします。。
けっこうな力が必要で、途中で挫折しそうになりました[たらーっ(汗)]

少し粘着材が残ってしまいましたが、剥がすとこんな感じです。

IMG_0780.jpg

10カ所ほどねじ止めされているので、それをはずします。
ふつーのネジです。

アルミの底板が外れます。

IMG_0775.jpg

底板と本体は、底板に張り付いたファンのケーブルでつながっています。


ちなみに、もっと詳細な分解はこちら


HDDには温度センサーが取り付けられていますが、そのままにして、
SATAのHDDに繋がれた電源ケーブルとSATAケーブルを取り外し、



タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25

タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25

  • 出版社/メーカー: タイムリー
  • メディア: エレクトロニクス
こういうのを使って、Macにつなぎます。



そして、こちら↓で復旧。

データレスキュー3

データレスキュー3

  • 出版社/メーカー: アイギーク・インク
  • メディア: DVD



ディープスキャンに25時間くらいかかりましたが、
必要なファイルはほぼ復旧[揺れるハート]
よくできています。


2010/3/8追記-----------------------------------------------
データレスキューを使ったデータの復旧方法はこちらで解説。
--------------------------------------------------------------


そもそもの元凶は、Time Machineのバックアップファイルを
消したいと思い、

スクリーンショット(2009-11-19 3.10.16).png
この画面から[消去]ボタンを押してしまったことから悲劇が始まったのでした。。

てっきり、Time Machineのファイルだけが消去されると思いきや、
他の共有ファイルもぜーんぶ消去してくれました(^^;)
思い込みとは怖いものです。。気をつけよっと[あせあせ(飛び散る汗)]






バックライトキーボードが点かない?!壊れた?! [Mac]

MacBook Proの便利機能の一つに、キーボードのバックライト機能が
あります。
ThinkPadにはモニタ側からミニライトで照らす機能がありましたが、
MacBook Proは逆?でキーボード背面から照らして、キーボードの
文字列が見えるようになる機能があります。



あるとき、MacBook Proのバックライトキーボードが消えていることに
気がつきました。

あら、なにかの拍子に消したのかしら?

デフォルトではF5,F6キーにバックライトキーボードの調光機能が割り当て
られていますから、F6キーを押しますが、、、、

IMG_0751.jpg

な、なんでしょう。。。
この駐車禁止マーク[たらーっ(汗)]

つまり、押しても、ダメです・・・というわけです。
F5を押してもおなじです。

とりあえず、NVRAMをリセットしようと、

Shift+Command+[P]+[R]を押して起動しましたが、
変わらず、バックライトキーボードが点きません。


壊れたかな。。。と、半ばあきらめて立った瞬間。

バックライトキーボードが点いたじゃないですか[ひらめき]

えっ?えっ?えっ?

最初は理解できませんでしたが、解りました!

十分に明るい部屋では、バックライトキーボードは
自動的にOFFになり、点くことすらないのです。

逆に部屋が暗くなった場合は、自動的に点るという
訳です。

納得。

ちょっと賢すぎる機能に翻弄されたのでした。。[たらーっ(汗)]

駐車禁止のマークはないでしょう。。(^^;)




大幅パフォーマンス向上? 早くも 二代目 Linux箱★ [Server hardware]

えーっ、というわけで、早くも2台目、二代目のLinux箱をくみ上げたところで、
恒例のベンチマークテストを行いました[るんるん]

ここで、異変?が。

初代Linux箱の時には、Xbenchでベンチマークをとろうとしても、
途中でXbenchが固まってしまい、うまくとることができませんでした。。
ところが、二代目に代わって試しにやってみると、あーら不思議、、
ちゃんと取れるではないですか〜
初代Linux箱で起こっていた現象はなんだったのかしら?

というわけで、
$ time cp コマンドでのベンチマークは卒業にします。
(実は試しに一部の項目について、time cpコマンドでの実測も行いましたが、
 Xbenchの256Kblocksの結果と大差ありませんでした。というわけで、
 手抜きします(^^;) )


さて、結果です。

◆CIFS by SAMBAの場合

Disk Test 60.81
Sequential 35.82
Uncached Write 18.97 11.64 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 93.28 52.78 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 26.28 7.69 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 98.26 49.39 MB/sec [256K blocks]
Random 201.23
Uncached Write 109.54 11.60 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 166.99 53.46 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 1014.13 7.19 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 264.94 49.16 MB/sec [256K blocks]

◆AFP by NETATALKの場合

Disk Test 72.50
Sequential 42.98
Uncached Write 20.19 12.40 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 127.06 71.89 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 34.90 10.21 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 142.78 71.76 MB/sec [256K blocks]
Random 231.45
Uncached Write 101.02 10.69 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 235.72 75.46 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 1102.05 7.81 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 447.83 83.10 MB/sec [256K blocks]

さらに、

$ hdparm -a2048 /dev/sda1

の呪文をかけると

Disk Test 88.73
Sequential 53.09
Uncached Write 21.91 13.45 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 134.22 75.94 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 61.22 17.92 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 168.82 84.85 MB/sec [256K blocks]
Random 270.00
Uncached Write 128.12 13.56 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 230.32 73.74 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 2078.31 14.73 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 457.38 84.87 MB/sec [256K blocks]

SAMBAにはこの呪文、あまり有意な差として効き目はみられませんでした。。

やはり、NETATALK(AFP)は高速ですね[ぴかぴか(新しい)]


初代Linux箱では、
Read 50MB/sec、Write 41MB/sec(by AFP)
程度でしたから、ベンチマーク方法の差を加味しても、
高速化したのではないでしょうか。

結論としては、高速なCPUを使えば、ちゃんと対応して、
ファイル転送速度も向上するという、あたりまえといえば
あたりまえな結果です。


ちなみに、Time CapsuleでもXbenchやってみました。
結果はこちら。

Disk Test 18.82
Sequential 11.85
Uncached Write 4.98 3.06 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 18.91 10.70 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 15.11 4.42 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 56.02 28.16 MB/sec [256K blocks]
Random 45.71
Uncached Write 21.89 2.32 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 46.42 14.86 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 78.05 0.55 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 133.95 24.86 MB/sec [256K blocks]

同じAFPとは思えないほどですが。。[たらーっ(汗)]
こんなものなのでしょうか・・・


さて

$ hdparm -a2048 /dev/sda1

この呪文ですが。再起動すると効き目が無くなってしまいます。

そこで、

/etc/rc.local


/sbin/hdparm -a2048 /dev/sda1

と書き込んでおきます。

これで、再起動しても、毎回このオプションが適用されます[晴れ]



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。