So-net無料ブログ作成
エステ
-| 2009年09月 |2009年10月 ブログトップ

Fedora11の怪 デーモンが暴走してます(^^;) [不具合・問題・解決方法?とか]

Fedora11を無事インストールしましたが、コンソールからtopコマンドをたたくと、

gnome-settings-daemon

なるプロセスが大暴走中です。

調べても、回避方法がよくわからないので、プロセスを終了させて、
アンインストールします。

gnome関連なので、大事故にはならないでしょう。

再起動してみましょう〜♪

あらら。

起動の途中で止まってしまいます。
なな、そんなことって。。。

面倒なので、Ubuntuに乗り換えます☆

Ubuntu9.04のISOをダウンロードして、CDをつくって、
インストールです。
あっという間におわりです☆

Debian系って使ったことないですが、GUIがしっかり
していてあまりディストリビューションの差を感じさせないですね。


Linux箱 りべんじ ☆ ディスクレス、USBメモリにLinuxをいれちゃいます ♪ [Server hardware]

前回はうかつにも失敗してしまいました。

Fiono330 よかったんですけどね〜

最近のハードウェア事情をよく知らずに、楽観的なチョイスを
してしまったようです。

この反省から、今回は、もう少しだけ慎重にハードウェアを
選びます。

前回の調査から、希望をすべて満たす、ベアボーンPCがない
ことは承知しています。

ですから、この際、ベアボーンという条件を外して、
マザーボード選びからです。

う〜ん。ちょっとしんどくなってきたな〜(^^;)

10年前なら、平気だったんですけどね。。

コンパクトに収まってほしいので、Mini-ITX以下が
希望です。
ところが、オンボードでeSATAって乗ってないんですね。。

玄人志向 eSATA変換ケーブル eSATA-SATA/2P

玄人志向 eSATA変換ケーブル eSATA-SATA/2P

  • 出版社/メーカー: 玄人志向
  • メディア: エレクトロニクス
こんな感じで、SATAを引き出すのも手ですが、
またポートマルチプライヤへの対応可否をマザーボードとBIOS
についてチェックが必要になります。

面倒なので、Linuxで実績のあるチップが乗っているeSATAカードを
探します。

Siliconimageは比較的実績が多いですね。
3124あたりを使っている、eSATAカードを探せばよいわけです。

このあたりとかが手頃です。

玄人志向 インターフェースボード SATA2EI3-LPPCI

玄人志向 インターフェースボード SATA2EI3-LPPCI

  • 出版社/メーカー: 玄人志向
  • メディア: エレクトロニクス






ところで、SATAIIの転送速度って、300MB/secでしたっけ?

PCIって、133MB/secですよね?

おっと、これでは、PCIバスがボトルネックになりますね。

PCI Expressx1で250MB/sec
PCI Express2.0x1で500MB/sec

ということで、PCI Express2.0がマザーボードの必要条件と
なりました。

整理します。

1.PCI Express2.0に対応している
2.1000BaseTに対応している
3.低消費電力(Atomとか)
4.コンパクト(Mini-ITX以下)

がマザーボードの必要条件です。

さらに、コンパクトがコンセプトでしたから、ケースが
コンパクトでなくてはなりません。

ふ〜。意外とないんですね。

ケースも、マザーボードも。
Fiono330が6つぶんくらいのよくあるShuttle製のの
ケースならば入りますが、大きすぎます。
せめてその1/3です。

また、マザーボードも1〜4をすべて満たしたものが
ありません(;;)

どこかで妥協しなければなりません。

1について妥協することにします。

というのも、HDDの速度は速くても150〜200MB/sec程度でしょう。
これをRAID1構成したら、確実に転送速度は落ちます。
であれば、PCIの133MB/secでもなんとかしのげるかもしれません。

逆に、2や4は譲れません。

ということで、


インテル Boxed Intel Board D945GCLF2 Atom330 1.6GHz 1MB FSB533 Diamondville2 BOXD945GCLF2

インテル Boxed Intel Board D945GCLF2 Atom330 1.6GHz 1MB FSB533 Diamondville2 BOXD945GCLF2

  • 出版社/メーカー: インテル
  • メディア: エレクトロニクス







こちらをお買い上げです。
正確には、後継機の D945GCCLF2D ですが。

ケースは、こちら。

IMG_0312.jpg

写真だとサイズ、よくわかりませんよね(^^;)

22.5x22x9cm くらいです。
Fiono330 が 19.5x13.5x6cm くらいでしたので、容積比では
3倍ほどになります。

かなり小さめなので、マザーボードを組み入れるのも一苦労です。
一旦、電源をとりはずしてから、マザーボードを組み入れます。

干渉気味です。

問題なく、完成し、Fedora11もセットアップです。

このケース、ちゃーんと、SDカードスロットがついているのですが、
SDカードが結構はみ出ることもあって、最近出てきた小型のUSBメモリに
インストールします。

これをフロントのUSBポートにさします。

BUFFALO マイクロUSBメモリー ブラックモデル RMUM-4G/BK

BUFFALO マイクロUSBメモリー ブラックモデル RMUM-4G/BK

  • 出版社/メーカー: バッファロー
  • メディア: エレクトロニクス
ここへ、Fedora11のインストール☆

インストール時点で、RAID箱とつないでおいたのですが、
しっかりRAID箱のHDD二つがしっかりと認識されています。

Fedora11は標準インストールのままでいくと、
かなり容量を必要とするので4GBでは足りませんでした。
適当にインストールするアプリケーションを削ります。

そして、無事、
へインストールも完了☆

おつかれさまでしたー♪♪

RAID箱の次はLinux箱 ☆ [Server hardware]

それは、そうでしょう〜

だって、RAID箱だけでは動きませんから。
ま。Windows箱でもよかったのですが、
モニタ・キーボード・マウスレス、でかつ、
sshなどでリモートメンテできることを考えると、
やはり、Linuxということに。

昔とちがって、最近はハードウェアがLinuxに
対応しているかどうかほとんど悩む必要がなくなり
楽になったものです。

コンセプトは、
・コンパクトに
・エコに
・速く
・お安く
・簡単に(できればベアボーンで)

条件として、
・eSATAつかえる
・1000BaseT対応
・SDカードスロットがついていて、
 SDカードからブートできる
です。

そんなわたくしのお眼鏡にかなったのは、
FunTwistのFiono330です。

FunTwist ベアーボーン ブラック Fiono330

FunTwist ベアーボーン ブラック Fiono330

  • 出版社/メーカー: Fun Twist
  • メディア: エレクトロニクス

FunTwist

Fiono330

かなーりコンパクトです。
ベアボーンが日本でも出回っており、2万円少々で買えます。
逆にすべての条件を満たしているのは、これ以外には見あたり
ませんでした ♪

最近流行?のAtom330+IONの組み合わせらしいです。

メモリを刺すだけで、くみ上げ?完了です。

うしろはこんな感じ↓
IMG_0310.jpg

よこがお↓ SDカードがささります♪
IMG_0311.jpg


ディスクレスでいきます♪

外付けのUSBドライブにFedora11のDVDをいれて、
DVDブートし、SDカードにインストールです。
ちなみに、Fedora11のISOイメージはダウンロードして、
MacBookでやきやき。

RAID箱にはとりあえず、例の、HDL2-Gでつかっていた
HDDを入れてみます。
文字通り、入れるだけでできあがり。

HDD入れる前↓
IMG_0309.jpg


HDD入れたあと↓
IMG_0308.jpg
あとは、ふたをしめるだけ。

そして、
eSATAケーブルでLinux箱とつなぎ、RAID箱、Linux箱を起動します。

あら?

RAID箱のHDDが1個しか認識されません。

RAID箱はとりあえず、まだRAID化せずに、HDD2台として
認識させる、Standardモードにしてあります。

う〜ん。

Fiono330のBIOSをくまなくいじりますが、BIOS上でも
HDDは1台しか認識されません。
他のHDDと取り替えても、同じ現象です。

さてさて困りました。

肝心のLinux箱がこれでは。

調べました。調べまくりました。

しかし、マイナー?なメーカーの上、そこにLinuxを入れて、
さらにeSATAを使おうなんていう、先走った方は少ないようです(^^;)

数少ない情報からは、どうやらBIOSの不具合らしいと。
そのアップデートも未定と。
AHCIののに問題があって、ポートマルチプライヤが利用できないようです。


すてきなハードだっただけに、残念でしかたありません(;;)

これは逆立ちしても、どうにもなりませんから、いったん
あきらめて、他のLinux箱をさがすことにします☆


MacBook Pro の高速化?への道のり 完結編 [Mac]

はい。もうそろそろ疲れてきたところです、、(^^;)

ブログに記載していない試行錯誤も含めて、
たぶん10回以上はインストールを繰り返しています!

DVDからのクリーンインストールも無事完了。

ここで、いちおうXbench

Results             160.93
System Info
Xbench Version 1.3
System Version 10.6.1 (10B504)
Physical RAM 2048 MB
Model       MacBookPro5,5
Drive Type    OCZ SUMMIT
CPU Test          157.47
GCD Loop       261.22 13.77 Mops/sec
Floating Point Basic 125.35 2.98 Gflop/sec
vecLib FFT       103.61 3.42 Gflop/sec
Floating Point Library 253.53 44.15 Mops/sec
Thread Test          281.12
Computation    350.76 7.11 Mops/sec, 4 threads
Lock Contention    234.56 10.09 Mlocks/sec, 4 threads
Memory Test       184.30
System       217.67
Allocate    298.58 1.10 Malloc/sec
Fill       175.24 8520.35 MB/sec
Copy       211.58 4370.17 MB/sec
Stream       159.80
Copy       152.85 3157.10 MB/sec
Scale       150.98 3119.24 MB/sec
Add       168.86 3597.11 MB/sec
Triad       168.24 3598.97 MB/sec
Quartz Graphics Test    178.84
Line          155.60 10.36 Klines/sec [50% alpha]
Rectangle       203.08 60.63 Krects/sec [50% alpha]
Circle          175.89 14.34 Kcircles/sec [50% alpha]
Bezier       180.58 4.55 Kbeziers/sec [50% alpha]
Text          185.76 11.62 Kchars/sec
OpenGL Graphics Test    77.71
Spinning Squares    77.71    98.58 frames/sec
User Interface Test    239.13
Elements       239.13 1.10 Krefresh/sec
Disk Test          181.13
Sequential       135.01
Uncached Write 98.01    60.18 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 203.42 115.10 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 84.51   24.73 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 373.83 187.88 MB/sec [256K blocks]
Random       275.10
Uncached Write 126.03 13.34 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 239.07 76.53 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 1438.47 10.19 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 578.83 107.41 MB/sec [256K blocks]

その後、Time Capsuleから必要なデータのみ(設定はもってこない)
移行し、アプリケーションはふつうにインストール。

インストールした、アプリケーション一覧。
・MS Office 2008 for mac
・ATOK 2009
・iLife
・KeyRemap4MacBook

Mail.appのアカウントの設定は、こつこつ手作業でやります。
(実は、iPhoneから設定を引き継げたようです ♪)

そのほか、BookmarkなどはiPhoneと同期。

すっきりです。

ここでまた、Xbench

Results 161.51
System Info
Xbench Version 1.3
System Version 10.6.1 (10B504)
Physical RAM 2048 MB
Model MacBookPro5,5
Drive Type OCZ SUMMIT
CPU Test 160.96
GCD Loop 265.20 13.98 Mops/sec
Floating Point Basic 128.61 3.06 Gflop/sec
vecLib FFT 106.78 3.52 Gflop/sec
Floating Point Library 253.77 44.19 Mops/sec
Thread Test 287.49
Computation 332.35 6.73 Mops/sec, 4 threads
Lock Contention 253.29 10.90 Mlocks/sec, 4 threads
Memory Test 186.41
System 216.92
Allocate 296.69 1.09 Malloc/sec
Fill 175.25 8520.97 MB/sec
Copy 210.38 4345.37 MB/sec
Stream 163.42
Copy 157.48 3252.66 MB/sec
Scale 153.37 3168.65 MB/sec
Add 172.97 3684.60 MB/sec
Triad 171.65 3672.03 MB/sec
Quartz Graphics Test 178.93
Line 155.15 10.33 Klines/sec [50% alpha]
Rectangle 203.70 60.82 Krects/sec [50% alpha]
Circle 175.40 14.30 Kcircles/sec [50% alpha]
Bezier 181.21 4.57 Kbeziers/sec [50% alpha]
Text 186.21 11.65 Kchars/sec
OpenGL Graphics Test 77.23
Spinning Squares 77.23 97.98 frames/sec
User Interface Test 238.20
Elements 238.20 1.09 Krefresh/sec
Disk Test 180.19
Sequential 140.51
Uncached Write 117.79 72.32 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 171.68 97.14 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 87.90    25.72 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 360.15 181.01 MB/sec [256K blocks]
Random 251.11
Uncached Write 117.34 12.42 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 203.19 65.05 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 1437.37 10.19 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 558.65 103.66 MB/sec [256K blocks]

さて、起動は。。


わっ。速くなりました!

ここまで遠回りした甲斐があったかどうかは別ですが、
体感として

・システムの起動
・アプリケーションの起動

は速くなったことが実感できます☆

投資額が4万円弱ですので、日々のストレスを思えば、
まずまずといったところでしょうか。
自己満足がたぶんにふくまれていますが、、(^^;)

HDD時代↓はごらんのとおり、システムの起動に30秒以上かかっていたのが、

十数秒に短縮できました。

めでたく、高速化完了です☆

参考までに、当初のXbenchのDisk Testの値は

Disk Test 53.10
Sequential 73.73
Uncached Write 100.62 61.78 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 82.42 46.63 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 40.40 11.82 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 134.53 67.61 MB/sec [256K blocks]
Random 41.50
Uncached Write 15.72 1.66 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 100.50 32.17 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 68.12 0.48 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 122.68 22.76 MB/sec [256K blocks]

でした。

教訓:高速化は一日にしてならず。ショートカットするべからず。
   クリーンにストールで構成するべし☆


RAID箱買いました ♪ [Server hardware]

HDL2-G のRAID崩壊から得られた教訓。

1.ファンレスな機器を暑いところに置かない
2.システム領域とデータ領域は分ける
3.データ領域単体でRAID1化しておく

というわけで、恥ずかしい名前のRAID箱を買ってしまいました(^^;)


センチュリー 裸族の二世帯住宅 CRNS35EU2

センチュリー 裸族の二世帯住宅 CRNS35EU2

  • 出版社/メーカー: センチュリー
  • メディア: エレクトロニクス






USB接続とeSATA接続ができるすぐれっこです ♪

LAN接続できる子もいたのですが、やめておきました。

これなら、Time CapsuleにUSB接続してもいいですし、
Macに直接でもつなげられます。

と。

買ってから、eSATAを調べてみると、
すごいじゃないの!

USB 2.0の転送速度:480Mbps
に対して、
eSATA の転送速度:3Gbps

文字通り桁違いなeSATAにひとめぼれです(*^^*)

eSATAでつなぎたくなってきてしまいました。。
なにせ、高速なものに弱いので(^^;)



読めなくなったHDDの修復 [Server hardware]

さて、HDL2-Gから取り出したHDD ↓ ですが、

IMG_0307.jpg


マウントしようとしても

Bad magic number in super-block while trying to open /dev/hdc6

などとおこられてしまいます。

magic number・・・さて、なんでしたっけ?(^^;)
よくわかりませんが、とにかく、super-blockに書き込まれている
magic numberが違ってるから、だめよーん。と言われているようです。

Webで検索してみると、fsckコマンドなどで、じみーちに修復するしか
なさそうです。

fsckを走らせたりしてみましたが、案の定だめです。
それもそのはずで、RAIDで構成されているので、無理もありません。



2010.4.28追記
当時はよく知らなかったのですが、これはLinuxでソフトウェアRAIDを構成した際に
変更されるsuper-blockのことだと思われます。
mdadmで再度RAIDを構成してあげてから、

mdadm --misc --zero-superblock /dev/sd[abcd]1

などとするとsuper-blockを初期化できます。。



もういちど、HDL2-G にもどして、起動してみます。

前回は、緑色のステータスランプが明滅して、システムが起動しませんでした。

が、なんということでしょう〜♪

赤ランプが明滅しています!

IMG_0322.jpg

試しに、ブラウザからアクセスしてみます。

わっ!やった。つながりました。。

そして、、、

hokaichu.png

状態:崩壊
HDD1:接続済
HDD2:未接続

ですって。

RAID1を2台のHDDで構成している場合って、1台が故障しても
残りの1台でサービス継続されるのでは。。。?

ブラウザの管理画面にはつながるようになりましたが、
依然、ファイル共有サービスは復活しません(^^;)

HDD2が未接続ということは、故障していない同じ型番のHDDを
入れてあげれば、リカバリされるのでしょうか??

とりいそぎ、Amazonで調達です。

Seagate 3.5インチ内蔵HDD 500GB 7200rpm S-ATA/300 32MB ST3500320AS

Seagate 3.5インチ内蔵HDD 500GB 7200rpm S-ATA/300 32MB ST3500320AS

  • 出版社/メーカー: Seagate
  • メディア: エレクトロニクス
とおもいきや、欠品です。

ということで、型番で検索して、いちばん安いサイトから購入。

残念ながらHDDの修復とはならず、1台は故障が確定です(^^;)
もう1台は、購入したHDDとペアでRAIDを再構築するために、
大切にとっておきます ♪



MacBook Pro の高速化?への道のり の巻2 [Mac]

やっぱり起動時間がお気に召しません。。

というわけで、今度は、

「移行アシスタント」からリストアする方法

で、リカバリしてみたいと思います☆

例によって、例のごとく。
DVDからSnow Leopardのクリーンインストールです。

IMG_0274.jpg
そんなににらまなくても、、(^^;)


Macにも大分慣れてきました。
Mac歴はちょうど1ヶ月ほどですが。。

はい、再インストールですが、約30分でチンです。

ユーティリティーから「移行アシスタント」を起動します。
この時、初めて知ったのですが、設定情報だけではなく、
・インストール済みのアプリケーション
・保持していたファイル
など
一切合切移行してくれるようです。

Time Capsule上のディスクを選択します。
移行する項目を選択します。
□ユーザー
□アプリケーション
□設定
□ファイルとフォルダ

また、賢いところが、おそらく、現状とバックアップファイルとの
差分を計算した上で、移行するために必要なディスク容量を計算し、
提示してくれます。やさしいです ♪

全部移行で、約44GB。約1時間かかりました。

さて、再起動。


こんなものですかねー。

と、しばらく使っていたところで、トラブル発生(^^;)

メールの送受信ができないのです。

調べてゆくと、どうも、パスワードが保存されていな模様。

パスワードは、キーチェーンアクセスなるところに保存されるべき模様。

しかしです。

メールのログインについてのキーチェーンの情報を見ると、
ちゃんと保存されているようです☆

ちょっと検索すると、パスワードの保存関係がおかしいときには、
1.キーチェーンアクセスの Keychain First Aidから修復を行う
2.ディスクユーティリティーからディスクのアクセス権の修復を行う
というコメントが多数見られましたので、両方ともに実行!

う〜ん。
実行しましたが、パスワードが保存されないようです。

ここで、
3.いったん、キーチェーンを削除し、再度キーチェーンを登録しなおします
で再度トライ。

キーチェーンアクセスの下にある「+」ボタンをぽちっとやって、
キーチェーンの新規追加を行います。

なな。ところがです。
キーチェーンのアクセス制御にMail.appが登録できません!

正しくは、
「アクセスを許可する前に確認」で
「これらのアプリケーションによるアクセスを常に許可:」
のアプリケーションとして、Mail.appが登録できないのです。
他のアプリケーションはどれでも登録できるのですが、、

ここで、
「この項目の使用をすべてのアプリケーションに許可」と
すると、Mail.appのパスワード欄に●●●●●●●●●●●●が復活!
そして、メールの送受信もできるように。。

ですが、ちょっと、セキュリティ的に抵抗があります。。

海の向こうのサイトも含めて調べていると、どうやら、これは
Mail.appの古くからあるバグだとするご意見がみうけられ、
あきらめることに。。。。

どういう方向で、あきらめたかというと、、
ご想像のとおり、このリカバリ方法での使用をあきらめることに。。。

つまり、
そうです。

またクリーンインストールすることに。

つづく。



iPhoneの CM [iPhone]

ふだんテレビってあまり観ないので、CMってあまり興味がないのですが、
つい先日目にとまったCM


これなんてみていると、なんだかわくわくしてきちゃいます♪

iPhone.jpg

わたくしもiPhoneユーザーなのですが
へー
とCMに教えてもらうことも、しばしばです(^^;)

特に、これなんて
iPhoneでプリントアウトもできるんですね☆

最近の iPhone のCMの流行は21秒目あたりからのメッセージング、
「すべてを叶えるアプリケーションがそろっているんです。」
ですね。

初代のCMから、ながめてみると時期に応じてしっかりとメッセージングを
変えていますね。さすがアップル。

メッセージング一覧(「:」より右部分はかってにメッセージングを妄想)
3G
Lonely Planet:他の携帯でできることがもっと手軽に。
AroundMe:常に進化できる携帯。
Ekitan:アプリケーションで毎日のちょっとしたジレンマを解決。
Daijirin:アプリケーションで毎日のちょっとしたジレンマを解決。
Shazam:アプリケーションで毎日のちょっとしたジレンマを解決。
Fix:すべてを叶えるアプリケーションがそろっています。

3GS
Break In:新機能の紹介。
Voice Control:新機能の紹介。
Copy and Paste:新機能の紹介。
Skatebord:新機能の紹介。
Work:すべてを叶えるアプリケーションがそろっています。
Travel:すべてを叶えるアプリケーションがそろっています。
Share:すべてを叶えるアプリケーションがそろっています。

機能の紹介→アプリケーションの紹介

3GSの次の次機種がでるまでは、しばらく21秒目からの
「すべてを叶えるアプリケーションがそろっているんです。」
が続くんでしょうね ♪

すっかりすり込まれてしまいました☆



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

HDL2-G 壊れてました。。うすうす気づいていましたが [IO DATA HDL2-G]

半年ほどまえに、いろんなデータの保存先として、
いわゆる個人用のNASを購入しまして夏前までは、
不満もありつつ、大きな問題もなく使えていました。

これです↓
RAID 0,1が手軽に組めて、なかなかのすぐれものです♪
もちろんRAID1を利用します。

I-O DATA ミラーリング/ストライピング対応 LAN接続ハードディスク 500GB×2 HDL2-G1.0

I-O DATA ミラーリング/ストライピング対応 LAN接続ハードディスク 500GB×2 HDL2-G1.0

  • 出版社/メーカー: アイ・オー・データ
  • メディア: エレクトロニクス
が。

3ヶ月ほど前に使おうとしたときに、なにやら
アクセスできません。
あら?と思いましたが、特に急ぎでもなかった
ので、そのままケアしないでいました。

そして先日、時間があったので、様子をみて
みると、なにやら高熱を発しています。

もともと置き場所もよろしくなかったのですが、
熱がたまっていたようです。

再起動をかけてみますが、立ち上がる気配がありません。

さてさて、困りました。

どうやら、HDDが故障してしまったようです。
RAID1で利用していたので、2台のうちの1台でも、
無事であれば、データを救い出せる可能性があります。
・・・と思います。

さっそく、HDL2-Gの上部からねじを外し、HDDを取り
出します。
かなり手軽に行えます。

ねじを取り外す前↓
IMG_0301.jpg


ねじを取り外した後↓
IMG_0302.jpg


HDDを取り外した後↓
IMG_0303.jpg
ケーブル類は一切なく、ただHDDを抜くだけです。


試しに、取り外したHDDをSATA-USB変換ツールを使って、
MacBookにつないでみます。

センチュリー 裸族3兄弟 SATA→USB変換アダプター CDSMMU2












MacBookからは「識別できない。。」とつれない反応です。
まぁ、それもそうですね。
HDL2-Gの中身はLinuxという話ですので、HDL2-Gを使う前に
使っていたLinuxのファイルサーバーを引っ張り出してきて、
つないでみます。

OS部分とデータ保存部分が別にパーティショニング
されている模様。

OS部分はちゃんと認識されて、mountもOK ♪

肝心のデータ部分のパーティションはエラーでmount
できないようです。

さてさて、また困ったことになりました(^ ^;)
あー。Linuxですか。
3年ぐらいさわっていないので、、覚えてないな〜

つづく


Time Capsuleでリカバリ の後 [Mac]

さてさて、Time Capsuleでリカバリしたあとの、
MacBookのパフォーマンスが気になるところです。

さっそく、チェックしました。


こんなもんでしょうか。

Xbenchも行いました。

・SSD(Time Capsuleリカバリ直後)の結果
Disk Test 183.66
Sequential 152.81
Uncached Write 168.87 103.68 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 155.11 87.76 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 90.48   26.48 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 362.97 182.43 MB/sec [256K blocks]
Random 230.12
Uncached Write 109.84 11.63 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 164.99 52.82 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 1579.32 11.19 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 631.61 117.20 MB/sec [256K blocks]

・HDD(Time Capsuleでリカバリしたイメージとほぼ同じ内容)の結果
Disk Test 53.10
Sequential 73.73
Uncached Write 100.62 61.78 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 82.42    46.63 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 40.40    11.82 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 134.53 67.61 MB/sec [256K blocks]
Random 41.50
Uncached Write 15.72    1.66 MB/sec [4K blocks]
Uncached Write 100.50 32.17 MB/sec [256K blocks]
Uncached Read 68.12    0.48 MB/sec [4K blocks]
Uncached Read 122.68 22.76 MB/sec [256K blocks]


たしかに大幅に向上しています。
とくにRandomアクセス時に顕著です。

しかし、Xbenchを複数回実施すると、Uncached Write [4K blocks]を
中心に測定値のばらつきがあります。SSDの性能の問題でしょうか。
HDDの場合と同性能程度の時もありますし、その3倍くらい出る場合も
あります。不明ですが、Xbench自体がどんなロジックで計測されて
いるのかわからない(しらべてない)ので、まあいいとします♪

体感としては、
・起動がちょっと?速くなった 気がする
・FireFoxの起動は明らかに速くなった
・MS Officeのアプリケーションの起動も明らかに速くなった
といったところで、ちょっとしたストレス軽減につながります(^^;)

が。起動が思ったほど、速くありません。
何度か、再起動を繰り返しましたが、起動時間は変わらないようです。

気になるところです。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Time Capsule でリカバリ の巻 [Time Capsule]

さて、身ぎれいになったところで、Time Capsule をつかって

APPLE Time Capsule 1TB MC343J/A

APPLE Time Capsule 1TB MC343J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: エレクトロニクス
  • メディア: エレクトロニクス







  • ・設定

 

・アプリケーション

・データ

などをリカバリします♪

システム環境設定→Time Machine からごにょごにょ設定

そして。いざ、Time Machineへ!

さて。ここで、気づいたのですが、具体的には、どうやって

リカバリするのでしょうか?? (^ ^;)

過去一月半分がずらっとならんで、うつくしいのですが、

さてさて。。。

どうやら、復元したいデータを選択して、復元ボタンとぽちっと

やるようです。

ならばと。。。

デバイスの「Macintosh HD」は選択できるので、選択して、

復元ボタンをぽちっと押します。

あとは、待つだけ♪♪♪

・・・・2時間くらいでしょうか。

はい、おわりました♪

ん。画面は変わらないようです。

しかし、SSDの空き容量は明らかに減っています。

コピーはちゃんとされたみたいです。

とりあえず、再起動してみましょう♪

ん。

やっぱり変わりません。あいかわらず、空き容量は同じまま。

ん〜。ここで、やっと、Time Capsuleの使い方について

しらべました(^^;)

http://support.apple.com/kb/HT1177?viewlocale=ja_JP

方法は、大きく分けて3つあるようです。

(完全に、使い方をまちがえていました。。。)

 

 

1.「移行アシスタント」からリストアする方法

2.消去されたボリューム全体を復元する方法

3.既存の Time Capsule バックアップを新しい Mac に復元する方法

読めば、方法2と3は時すでに遅そうですが、方法1の「移行アシスタント」

といわれると、なんとなく設定しか移行してくれなさそうです。

(実は、そうではありませんが、当時の思い込みです♪)

仕方ないので、方法2を採用します(^^;)

振り出しに戻りました。。

また、インストールDVDを入れて。。。

ただし、今度は、途中の「ユーティリティ」メニューで

「バックアップからシステムを復元」を選びます。

が。。。。。。

復元元のボリュームを選択し、IDとパスワードを入力しますが、

バックアップデータがいっこうに現れません。。。

しばらく試行錯誤したところで、一つだけ思い当たることがありました。

そう、バックアップデータの保存先をアカウントのデータ保存先としているのです。

しかし、復元元のボリュームとして探しには行ってくれないことが

原因で、バックアップデータが現れない気がします。

という思い込みから、アカウントのデータ保存先から、/Dataへバックアップデータを

移動してあげました。

で、再開したところ。。

見事、バックアップデータは認識されて、ちゃーんとTime Capsuleから

復元できました♪♪♪

 


Macbook Pro の高速化?への道のり の巻1 [Mac]

う〜ん。

なぜでしょう??

理由はわかりませんが、起動にとても時間がかかります。

体感的に遅くなった気がしますが、どのくらいかというと
よくわからないので、とりあえず計測。
もとのHDDに戻して計測です♪



う〜ん。やっぱり、遅くなっています。

これでは、せっかくHDD→SSDへ換装した意味がありません(^ ^;)

理由はわかりませんが、、遅くなってしまったのは、事実です。
というわけで、Snow Leopard をクリーンインストールすることにします♪

こんな時のために、買っておいたのが、Time Cupsule


Apple Time Capsule 1TB MB765J/A

Apple Time Capsule 1TB MB765J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: エレクトロニクス







  • 自動的に、Macのデータをそっくりバックアップしておいてくれて、

 

もしも!のときに、すばやくリカバリするための仕組みです。
なかなかのすぐれもの。

購入して、1ヶ月半、もう使う日がやってきてしまいました(^ ^;)

とりあえず、これがあるので安心してクリーンインストールです♪

まずは、ふつーに、クリーンインストール。。。
DVDを挿入して、「C」キーを押して、CD/DVDドライブから
ブートします☆

30分ほどで、終了。無事、きれいなカラダになりましたた。

そして、起動チェック。

 わっ。はやいじゃないですかっ。

やった☆


Macbook Pro のハードディスクを交換しました の巻3 [Mac]

さてさて、待望の電源Onです〜

OSの起動も速くなっているはずです!


ん?


ん?


ん?

りんごのマークが現れません。

電源On→ジャジャーン♪→白地?りんごなし→・・・→白地りんごあり
→・・・→ログイン画面

体感的に、明らかに、遅くなっています。
まるでWindowsのよう!

初回起動だけかもしれません。
気を取り直して、電源Off→On

またしても、、、同じ現象です。

こんな感じがくりかえされます。。


なんどやってもおなじです。。(;;)

一応、Xbenchもやってみます。

ん?
あ?

あんまり、結果がかわらないんですが。。。(^ ^;)

Macbook Pro のハードディスクを交換しました の巻2 [Mac]

それでですね、ぽちっとの続きです。

ふふふっ。
これでもう待たされることもないでしょう!


IMG_0284.jpg


型番:OCZSSD2-1SUM120G


MTBF:1,000,000hrs ! にわかには信じがたいのですが、、、
まぁ、今はよいとしましょう。

HDDからSSDへの換装はかなり、かんたんです。
さすが、よくできています。Macbook。

購入時の冊子?にも、交換の仕方が記載されていますが、
そのとおりで、全く問題ありませんでした。

0.交換の前に、データの移行をします
  Macにはいくつかのデータの移行方法がよういされていますが、
  まずは、SSDに、SATA・USB変換ケーブルを挿して、
  Macとつなげます。
  
  こんなのです。


エバーグリーン シリアルATA・IDE(ATAPI)/USB2.0変換アダプター EG-SATA56

エバーグリーン シリアルATA・IDE(ATAPI)/USB2.0変換アダプター EG-SATA56

  • 出版社/メーカー: エバーグリーン
  • メディア: エレクトロニクス


  まもなく、SSDが外付けディスクとして認識されますので、
  ディスクユーティリティの復元からコピー開始です。
  ソースと復元先を間違えないように!

  もう記憶にうすいですが、、30分くらいで完了です。

  と、ここまでは下ごしらえでした♪♪

  さて、ここからが換装の本番!  

1.電源OFF & 電源ケーブル?を抜く
  わたしがつかっている、Macbookは、バッテリー内蔵型で
  取り外しができません!ん〜、ちょっと心配でしたが、、
  マニュアル通り実行です!!

2.ひっくりかえして、ねじをはずします

3.HDDを固定しているパーツのねじをはずします

4.HDDからフレキシブルケーブルで接続されたコネクタを
  取り外します

  HDDをとりはずしたところ
IMG_0257.jpg

5.HDDに取り付けられた、固定用?のトルクスねじを
  取り外します
  トルクスねじの取り外しには、T6サイズのトルクス
  ドライバーが必要です☆

樹脂柄T型トルクスドライバ D1T-T6

樹脂柄T型トルクスドライバ D1T-T6

  • 出版社/メーカー: KTC
  • メディア: その他


6.SSDにトルクスねじを取り付けます

  ・・・以下、逆作業で、完璧です♪

7.こんな具合に、おさまります

  Macって、中身も美しいですね☆
IMG_0255.jpg

  Lenovo(≒IBM)のノートPCもつい最近まで使っていましたが、
  わたしの中では、ThinkPadとMacbookが美しいノートPCの
  双璧ですね☆
  方向性はちがいますが、どちらも文化を感じます♪

次回は、HHDからSSDへ換装した結果について報告します♪


Macbook Pro のハードディスクを交換しました の巻1 [Mac]

じつは、根っから、待たされるの嫌いなのです。
どれくらい嫌いかというのは、おいおいで。。

普段は、Macbook Pro 13"を使っているのですが、
購入してからまだ1ヶ月ほどしか経っていませんので、
それなりに快適です。

Apple MacBook Pro 2.26GHz 13.3インチ MB990J/A

Apple MacBook Pro 2.26GHz 13.3インチ MB990J/A

  • 出版社/メーカー: アップル
  • メディア: エレクトロニクス

ちょっと気になるのは、MS Office系とFireFoxの
初回の起動が、それはそれは永らくわたくしを
待たせるのです(>_<)

そこでたどり着いたのが、SSD ☆

いろいろな方のSSD使用レビューをみていると、
「高速化」という文字が躍っています!!

もうこれしかない!とのことで、amazonでぽちっ!

これです↓

OCZ SSD VERTEX SATA II 2.5inch 120GB Read Max 218MB/s Write Max 161MB/s OCZSSD2-1VTX120G

OCZ SSD VERTEX SATA II 2.5inch 120GB Read Max 218MB/s Write Max 161MB/s OCZSSD2-1VTX120G

  • 出版社/メーカー: OCZ
  • メディア: エレクトロニクス

今、思えば、これが、その後の苦難の幕開けでした(^ ^;)


備忘ログ

試行錯誤しても覚えていられないので、備忘ログとしてのブログです。

同じ轍を二度踏むのは切ないので。。

それでも踏むのですが。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

-|2009年09月 |2009年10月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。