So-net無料ブログ作成
検索選択
エステ

Sambaで、「一部の項目へのアクセス権がないため、操作は完了できません。」につける薬 [不具合・問題・解決方法?とか]

Ubuntu 10.04よりも後のディストリビューションというか、おそらくKernelではnetatalkでWriteのパフォーマンスがうまく引き出せないので、最近Sambaのチューニングもごりごりやってますが、そんな折、MacからSamba3.6系のファイルサーバにファイルをコピーしようとすると、「一部の項目へのアクセス権がないため、操作は完了できません。」と言うではないですか。これは3.5系の時にも遭遇してその時には解決できずに放っておいたのですが、なんとなく大丈夫そうなオプション設定を見つけました。

「一部の項目へのアクセス権がないため、操作は完了できません。」とMacとSambaの組み合わせで調べていると、大抵、

unix extensions = No

としろと言われるのですが、設定しても相変わらずというか前から設定しているので、困ったもので、[Global]オプションをいろいろオン・オフしながら調べてゆくと、

vfs objects = streams_xattr

でした。

この項目は、代替データストリームの保存先の設定ようですが、

kernel oplocks = Yes

共存できないようで、smb.confでは確かに、kernel oplocks = Noとしているので大丈夫なはずですが、うまくいってないようで、仕方なく、 vfs objects = streams_xattrをコメントアウトしました。これで一応エラー回避。そもそもMacからSambaを使うという時点で、いろいろ問題があるのですが。。 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 2

HAT

macからsambaに接続している場合、
vfs objects = streams_xattr
だとリソースフォークを代替データストリームに保存しようとしたときに拡張属性のサイズ制限にひっかかるので必ず失敗します。
ZFSなら大丈夫ですが。

by HAT (2014-01-05 10:33) 

nao

そういうわけでしたか。
HATさん、いつもありがとうございます。
by nao (2014-01-06 00:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。