So-net無料ブログ作成
検索選択
エステ

WD TV Live レビュー [Media Player]

PAV-MP1 や LT-V100、 XBMCなどを経て、今回はWD TV Liveを使ったのでそのレビューを。
セットアップは簡単。
ファームウェアのアップデートも10分程度で完了。 
61AAGY-Np9L._AA1500_.jpg
 
Huluに対応しているメディアプレーヤーがほしく、Apple TVとの比較で、最終的にはWD TV Liveをチョイス。
 
Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

 
Apple TVを選ばなかった理由としては、DVD ISOを再生できないこと。
それにつきます。
古いApple TVならXBMCを入れてDVD ISOを再生できますが、Huluが再生できないので、NG。 
 
スペック
  
サイズ
幅125×奥行き100×高さ30mm, 190g
 
インターフェース
SDPI, HDMI, USB2.0 x 2
 
サポートされているファイルフォーマット
Video - AVI (Xvid、AVC、MPEG1/2/4)、MPG/MPEG、VOB、MKV (h.264、x.264、AVC、MPEG1/2/4、VC-1)、TS/TP/M2T (MPEG1/2/4、AVC、VC-1)、MP4/MOV (MPEG4、h.264)、M2TS、WMV9、FLV (h.264)
Photo - JPEG、GIF、TIF/TIFF、BMP、PNG
Audio - MP3、WAV/PCM/LPCM、WMA、AAC、FLAC、MKA、AIF/AIFF、OGG、Dolby Digital、DTS
Playlist - PLS、M3U、WPL
Subtitle - SRT、ASS、SSA、SUB、SMI

 
WD TV Liveの良いところ
・対応しているファイルフォーマットの多さ、特にDVD ISO。BDMVには対応していない模様 
・Huluをはじめ多くのオンラインサービスに対応している
・無線LANに対応、もちろん有線LANも有り
・リモコンがプログラム可能
・HDMI CECでTVのリモコンから操作が可能
・実は、DTCP-IPにも対応しているため、他のDTCP-IPに対応したレコーダーで録画された番組の視聴が可能 
・iPhoneやAndroid対応のリモコンアプリがちょっと便利 
・Sling Playerに対応 
・かなりコンパクト 
・HFS+に対応 
・それなりに定期的にファームアップデートが提供されている
 
 
WD TV Liveの要改善なところ
無線LAN接続の場合、DVD ISO再生時に途切れることがある、802.11aにも対応してほしい (これはアクセスポイント側の802.11b/gのスピードが遅いことが原因で途切れることが、後日判明。)
・設定などのインターフェースがもう少しわかりやすくなると吉
・TVのリモコンからだと動きがもっさり、反応にひと呼吸必要 
設定があるのかよくわかりませんが(一応、設定項目があるのですが、効きません)、数時間でSleepに入ってしまい、次回視聴時にトップ画面から辿り直す必要があり、めんどくさい。(2013/11/4追記) 
実はこれ、CECを設定しているため、TVをオフにすると、WD TV Liveもオフになるという現象でした。(2014/1/6追記) 
・Huluを使っていますが、ショートカットがほしい。(Huluのダメダメインターフェースとの相乗効果でとても使いにくい。) (2013/11/4追記)
 

 
 
マニュアルはここ。 

タグ:比較 review
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。