So-net無料ブログ作成
検索選択
エステ

RAIDを一旦壊して作り直すとき [LinuxでSoftware RAID]


Software RAID止める 
# mdadm --misc --stop /dev/md0
 
スーパーブロックを削除 
# mdadm --misc --zero-superblock /dev/sd[abcd]1
 
新たに構成しなおす 
# mdadm --create /dev/md0 --raid-devices=4 --level=raid10 -v /dev/sd[abcd]1
 
ここで、
# mdadm --detail /dev/md0
すると、
 
/dev/md0:
        Version : 1.2
  Creation Time : Tue May 14 17:57:59 2013
     Raid Level : raid10
     Array Size : 5860267008 (5588.79 GiB 6000.91 GB)
  Used Dev Size : 2930133504 (2794.39 GiB 3000.46 GB)
   Raid Devices : 4
  Total Devices : 4
    Persistence : Superblock is persistent

    Update Time : Tue May 14 17:57:59 2013
          State : clean, resyncing (PENDING) 
 Active Devices : 4
Working Devices : 4
 Failed Devices : 0
  Spare Devices : 0

         Layout : near=2
     Chunk Size : 512K

           Name : fs2:0  (local to host fs2)
           UUID : 09543b1b:31b8e9f6:67428c18:5f143b7a
         Events : 0

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0       8        1        0      active sync   /dev/sda1
       1       8       17        1      active sync   /dev/sdb1
       2       8       33        2      active sync   /dev/sdc1
       3       8       49        3      active sync   /dev/sdd1 
 
と、PENDINGといわれることがあるので、そんなときにはこれ。
mdadm --readwrite /dev/md0 
 
フォーマット 
# mke2fs -t ext4 -m 0 /dev/md0 
 
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。