So-net無料ブログ作成
エステ

Mac/LinuxでもBIOSアップデートできるよ! [ZOTAC ZBOX NANO-VD01]

ZOTAC ZBOXNANO-VD01のディスプレイ出力がおかしかった(上下左右切れている)ことから、とりあえずBIOSのアップデートを行おうとしたのですが、提供されているのは、Windows上からアップデートする仕組みと、同じくDOSからアップデートする仕組みです。

OSをインストールしていない状態なので、お手上げですが、手元にあるMacやLinuxのマシンを活用してアップデートする仕組みを模索しました。

Windows7もインストール初期段階で躓いていたので、Windowsを入れてからアップデートというのも難しそうです。

ということで、FreeDOSを活用して、アップデートします。

MacでもLinuxでもFreeDOSのUSBメモリー版をダウンロードします。 
wgetなりして、展開しておいてください。 
 
まだ、USBメモリーは刺しません。 
コンソールから/dev以下を確認して、USBメモリーを刺す前の状態でのディスクの数を確認します。
(Macなら、disk1,disk2,... など、Linuxなら、sda,sdb,... など) 
FreeDOSをインストールしたいUSBメモリーをMac/Linuxマシンに刺し、認識させます。
その際に、/dev以下で増えたディスクを確認します。
 
元々Mac/Linuxマシンに搭載されているディスク等が一つだけなら、disk2やsdbが増えたはずです。
 
USBメモリーがFATなどでフォーマットされていると、Macでは自動的にマウントされてしまうので、unmountします。
 
$ sudo diskutil umount /dev/disk2s1
 
USBメモリ内が一つのパーティションだけなら、disk2s1だけunmountすればOKですが、複数あれば、全てunmountしましょう。しないと、resource busyとなり、ddできません。
 
Linuxでもデスクトップ版などで自動的にマウントされてしまう場合は、同様にunmountしましょう。
 
FreeDOSをダウンロード・展開したディレクトリへ移動し、
 
$ sudo dd if=FreeDOS-1.1-USB-Boot.img of=/dev/disk2
63488+0 records in
63488+0 records out
32505856 bytes transferred in 66.204340 secs (490993 bytes/sec)
 
でUSBメモリ用のFreeDOSイメージをUSBメモリに書き込むことができ、これでFreeDOSが起動できます。
 
イメージを書き込んだUSBメモリーのルートにBIOSのDOS用アップデートトールとBIOSアップデータもおいておきます。
ZOTAC ZBOXNANO-VD01ならzafudos.exeとa1790215.romです。(2012/5/10現在。)
 
あとは、USBメモリをZOTAC ZBOXNANO-VD01に刺して、USBメモリから起動し、FreeDOSを起動します。
 
起動後は、コマンド一つで終了。(ただし、VD01では画面の上下左右が切れているので、キー入力しても何も表示されませんが。。。)
 
>  zafudos a1790215.rom
 
アップデート完了!
 
でも ZOTAC ZBOXNANO-VD01 の問題は変わりませんでした。。とほほ
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。